月曜早朝のFX 儲けは多くはないが確実に利益だせるとの声も

NEWSポストセブン / 2012年2月20日 7時0分

 このところ、週明けのFX(外国為替証拠金取引)投資家たちの話題は「ユーロ」である。月曜日未明に決まってユーロが急落し、それを狙って稼ぐ投資家が日に日に増えているからだ。

 例えば2月6日と1月23日のユーロ円相場は、それぞれ前週の終値より約30銭のユーロ安でスタートしている。各週末に「ギリシャ連立与党の党首会談が難航」、「ギリシャ債務減免比率引き上げ」など、市場に影響を及ぼす悪いニュースがあったからだ。

 為替アナリストがいう。

「EUやヨーロッパ諸国は、市場を混乱させないようにするために、マイナス要因となりそうな公式発表を、世界の為替取引市場が閉場している週末に回すことが多いのです」

 日本時間の土曜日早朝から月曜日早朝までは、世界の為替取引市場が閉場しているため、為替レートに変化はない。その分、前週の終値と月曜日の始値に差ができることが多くなる。具体的には、週末に一番遅くまで取引されるニューヨーク市場の終値と、週明けに世界で一番早く取引が始まるオセアニア市場、そして日本市場での始値にギャップが出る。そうしたチャートの段差を投資用語で「窓」と呼ぶ。「○円×銭と○円△銭の間に窓が開いた」などと使う。

「この開いた窓は、その後、取引の主体がオセアニア市場から世界3大市場の一つである東京市場に移っていく中で、少しずつ埋まっていくことが多い。いわゆる『窓埋め』の動きで、相場の定石でもあります。つまり予測しやすく、当たる確率が高い。そこを狙ってトレードして儲けている投資家がいます」(前出・為替アナリスト)

 月曜日ごとに早起きして実践しているデイトレーダーが証言する。

「月曜日早朝の取引開始直後に、先週のレートより下がって始まったら買いでエントリーし、上がって始まったら売りでエントリー。後は窓が埋まるまで待って反対売買して利益を確定します。1日の儲けはそれほど多くありませんが、コツコツと確実に利益を確保できています」

 窓埋めはよく知られた投資法だが、この月曜未明の為替相場には、そのメリットを最大限利用する方法がある。「月曜日午前3時」から取引が可能なFX会社を使うことである。

 外国為替市場は、株式市場と異なり開始・終了時間がハッキリしていないが、シドニー、ウェリントンなどのオセアニア市場は早ければ月曜3時頃から動き始める。

 一方、FX会社といえば毎日24時間取引可能が常識だが、月曜の朝だけは業者によって開始時間が違う。大半の業者は午前7時スタートなので、その時点ではすでに窓をかなり埋めていることも少なくない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング