【キャラビズム】日本の敬老の日 老人が国にお金払う日になる

NEWSポストセブン / 2012年3月3日 16時0分

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの84歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』などの著書がある。日本在住 40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向 けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム」。さて、あなたはどう受け止めるか? 今回は、「政治」編である。

 * * *

●Les promesses des politiciens s’évaporent le lendemain des élections.

政治家の約束は選挙の翌日には蒸発する!

●Jusqu‘a présent le pays offrait des cadeaux aux vieilles personnes pour leur anniversaire,bientôt il se pourrait que le jour de leur anniversaire les vieilles personnes auraient à payer le pays.

いままで敬老の日には国からお祝いをもらいました。でも、これからは敬老の日には国にお金を払うことになるかもしれない!

●De nos jours les gens veulent avoir des droits,mais pas de responsabilités!

最近、人間は権利だけを求めるが、責任は要らぬと思っている!




【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング