金正日葬儀登場の謎の女性 金正恩夫人でなければ個人秘書か

NEWSポストセブン / 2012年2月23日 16時0分

 金正日の死により急造された金正恩新体制。ジャーナリスト・惠谷治氏が刻々と変化する北朝鮮の内情を様々な映像資料から分析する。ここでは昨年12月28日の金正日の国葬に登場した「謎の女」について解説する。

  * * *
 金正日の国葬が行なわれた昨年12月28日、出棺の直前、金正恩は錦繍山(クムスサン)記念宮殿に安置された金正日の遺体に対して、6回目の参拝を行なった。

 その様子は朝鮮中央テレビの夜11時からのニュースで報じられ、映像の片隅に「謎の女」が映っていたことを、私は前々号の本誌SAPIOで速報的に紹介した。今回は、ニュースに映し出された“異常な4秒間”をレポートする。

 映像では、金正恩の右手に軍人たちが整列している。左から金正覚大将(党政治局員候補、党中央軍事委員、国防委員、軍総政治局第1副局長)、呉克烈大将(国防委副委員長)、李勇武次帥(党政治局員、国防委副委員長)という、軍の最高幹部たちが待機している。金正覚と呉克烈の間が空いているのは張成沢大将(党政治局員候補、国防委員会副委員長)の立ち位置だからだ。

 なんと、「謎の女」は、この列に加わるために歩いてくる最高幹部たちの前を平然と横切り、彼らの通り道を塞ぎ、金正恩の後ろ姿をいとおしそうに見送っているのだ。長幼の序が厳しい儒教的共産主義国家においてはまずあり得ない光景である。

 北朝鮮の儀式において、夫人が公の席に登場することは、わずかの例外を除いてあり得ない。この若い「謎の女」が金正恩夫人でないとすると、金正恩の記述秘書(個人秘書)としか考えられない。北朝鮮において独裁者のスケジュール管理を担う個人秘書は絶大な権力を握るポジションだ。

 実は、昨年の夏、中国のインターネットサイトで、「26歳の金玉鳳」という女性が金正恩の個人秘書である、というニュースが女性の写真とともに紹介されたことがある。2008年に平壌医科大学を卒業した金玉鳳は、卒業前に突然行方不明になったが、金正日の別荘にいることが判明した、という内容であった。

 しかし、ネットに掲載された写真の女性は、韓国のレースクイーンの朱多荷であることが判明。身長173cmの朱多荷は、韓国タイヤに所属し、モーターショーなどで活躍していて、多くのファンがいる。この騒動について、韓国紙は報じたが、日本のメディアはどこも触れなかった。

 ただし、これは金玉鳳であるとされた写真が、韓国のレースクイーン・朱多荷であった、という事実を示しているに過ぎない。つまり、金正恩の個人秘書が「新義州出身で、平壌医科大卒の26歳の金玉鳳」である可能性は残る。

 私は1997年に出した『北朝鮮解体新書』(小社刊)のなかで、金正日が写った写真から“消えた美女”を紹介したことがあるが、彼女が金正日の個人秘書兼愛人の金玉であることが明らかになったのは、7年後のことだった。今回の「謎の女」についても、いずれ判明するだろうが、事実が明らかになるまでは、私は彼女を「金玉鳳」と呼ぶことにしたい。

※SAPIO2012年3月14日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング