山本寛斎と腹違い告白伊勢谷友介 服飾デザイナー志望だった

NEWSポストセブン / 2012年2月26日 16時0分

 俳優としてブレイク中の伊勢谷友介(35)。映画監督としても、10年ぶりの監督2作目となる『セイジ―陸の魚―』が2月18日に公開された。この作品に懸ける伊勢谷の思いは強く、苦手なバラエティー番組にも数多く出演して、映画を宣伝した。そんななか、出演した『チューボーですよ!』(TBS系)では、こんな発言を…。

「腹違いの兄が山本寛斎なんです」

 伊勢谷の仰天告白に、思わず司会の堺正章(65才)も、

「えぇー? 本当ですか?」

 と声をあげたほどだった。33才と親子ほど年が離れた世界的デザイナー・山本寛斎(68才)と兄弟というから堺ならずとも驚いたはず。

 ふたりの父親は紳士服のテーラーで、技術コンテストで入賞するほどの腕前だった。一方で、女性にかなりもてた人物でもあり、結婚、離婚を何度も繰り返したという。寛斎が生まれた後、33年が経ち、当時の妻との間に誕生したのが伊勢谷というわけだ。しかし、彼が3才のとき、両親は離婚。そのため、伊勢谷は女手ひとつで育てられた。

 幼いころの父との思い出はほとんどなく、数少ない思い出として、小学生時代、遠足にやってきて勝手に写真を撮りまくっていた父に対して「やめてください」と怒ったことがあったという。

 芸大入学当初、映画監督ではなく服飾デザイナー志望だったという伊勢谷は、かつてその理由についてこんなことを語っていた。

<本人がどういう人なのか、よく知らなかったけど、兄の寛斎さんがデザイナーということには影響されてた気はします>

「寛斎さんも伊勢谷さんの才能を見込んで自分のイベントでディレクションを担当させたこともあったようです」(ファッション関係者)

※女性セブン2012年3月8日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング