木嶋佳苗裁判傍聴の女性 「男に媚びないところに惹かれる」

NEWSポストセブン / 2012年3月2日 16時0分

 その赤裸々な発言で、がぜん注目を集めている木嶋佳苗被告(37才)。「1回のセックスで最低10万円」「テクニックよりも、本来持っている機能が普通の女性よりもいいと褒められた」──そんな驚くべき発言が報じられ、被告人質問が続くさいたま地方裁判所には連日、200人以上の傍聴希望者が押しかけている。

 通常、裁判の傍聴には、メディア関係者や“傍聴マニア”の中高年男性の姿が多いのだが、今回の裁判はいつもと少しばかり様子が異なっている。R30~R40の女性たちの姿が目立つのだ。裁判を傍聴した女性はこんな話をしている。

「とても美人とはいいがたいあの顔とスタイルで、どうやって何人もの男の人を騙してきたのか、どうしたって興味がわくじゃないですか。法廷で、まるでセックスが武器だったように平然といってのけるなんて、すごいですよね」(30才・主婦)

 2月24日金曜日、午前9時前。平日の朝であるにもかかわらず、木嶋裁判が行われているさいたま地裁前には、この日も傍聴券を求める人たちの長い行列ができていた。その数、およそ250人。傍聴できるのは49人と決まっているため、倍率はおよそ5倍だ。行列に並んでいた女性に声をかけてみた。

「前回、傍聴に来たのですが抽せんに外れてしまいました。法廷で自分のことを“名器”とかいってるんでしょう? どんな女か見てみたいと思ったんです」(34才・家事手伝い)

 裁判ウオッチャーで傍聴ライターの岡本まーこさんも、木嶋被告の公判に足を運んだ女性たちからこんな声を聞いたという。

「逮捕以来、木嶋被告のことがずっと気になっていて、事件が発覚した当初から、ブログを読み漁ったという40代の女性や、インターネットから自宅でプリントした木嶋の写真を手にして来ていた20代女性もいましたよ」

 いまやそんな“追っかけ”ファンまで現れているのだ。

※女性セブン2012年3月15日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング