1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

180cm巨大ぬいぐるみのUFOキャッチャーその後どうなってる?

NEWSポストセブン / 2012年3月2日 7時0分

写真

巨大すぎて引ききれないが、この手前にたくさんのイマドキ家族が大集合している

 六本木ヒルズで超特大UFOキャッチャーに興じるたくさんの家族、それを見守るほかの家族、にぎやかに登場するカーニバルの一団……。そんなユニークなCMが、YouTubeで125万回も再生されたことでも話題のトヨタの大容量コンパクトカー『ラクティス』。

 あまりの大きさと撮影の大変さに思いを馳せた時、ちらりとわき上がる“ひょっとして、CG?”という疑問。しかしあの“もふもふ&ポヨ~ン”と弾む姿は、リアルぬいぐるみの風格(?)が感じられる。CM撮影前の設営シーンの動画を見ても、やはりちゃんと建て込みしているもよう。……ということは、やっぱりあのUFOキャッチャーも実在するのか? と興味が膨らむ。

 調べているうちに、CM撮影に使われた全長180cmの巨大なクマのぬいぐるみ「ラクマ」の実物か、ラクティスのどちらかが当たるというプレゼントキャンペーンが3月5日まで実施されている情報を発見!

“これはすごい勢いで、応募が殺到しているのでは? ぬいぐるみは、どうやって作ったんだろう? 撮影のウラ話も聞いてみたいぞ!”ということで、トヨタマーケティングジャパン・マーケティング局の三枝正樹さんに話を聞いた。

「ラクティスとラクマのどちらかを、お客様が選んで応募する形になりますので、現時点ではラクティスを選んで応募する方が多いです。ただCM放映後にお客様から“あのUFOキャッチャーの巨大ぬいぐるみが欲しい!”という問い合わせをいただき、今回ラクマもプレゼントすることになりました」(三枝さん・以下「 」内同)

 ラクティスは、“子どもの誕生日には有給休暇”“パパも公園デビュー”といった新しいライフスタイルを持つ20~30代を中心とした『イマドキ家族』をターゲットにしているという。そんなイマドキ家族の“幸せはみんなでシェアしたい”という気持ちを象徴的に表現したのが、超特大UFOキャッチャーに多くの家族が挑戦するイベントCMだったのだ。

 そして気になるぬいぐるみは、なんと中国の工場で1体ずつ手縫いで50体作成し、クレーンの方は国内でUFOキャッチャー作成のプロからアドバイスをもらいながら、本物そっくりに、かつ世界最大サイズを目指した力作だ。

「取れそうで取れない確率は何%なのかという本物感にこだわって、クレーンの先は丸か四角か、角度はどれくらいがいいのか、そして安全面でも徹底したテストを繰り返して作りあげていきました」

 従来にない取り組みに対し、社内からも“本当にやるのか!?”と議論を呼んだが、新しい試みへの強い想いで説得。プロジェクトは大まじめに、でも遊び心いっぱいに進行していった。

「役者やモデルではなくて、実は出演しているのはみなさんリアル家族なんです。ウェブサイト上で、CM撮影に出演しませんか? という呼びかけをしたところ、2日間のイベントに約2500組の家族が集結。実際に超特大UFOキャッチャーに挑戦している様子を撮影・編集しました」

 それにしてもこのCM、従来のクルマCMと比較するとクルマの露出が少ない。
「確かにそうですね。『コンパクトなのに大容量』というラクティス最大の特長を訴求することと、『イマドキ家族にぴったりなクルマ』というブランド訴求をすること、この両立を検討した上、クルマの露出は巨大ぬいぐるみを積み込むシーンのみにとどめた方がいいと判断しました。」

 燃費や技術を訴求したり、走り抜けるクルマの映像といったものではなく、こうした新しいアプローチが、超特大UFOキャッチャーへの驚きだけではない新鮮さを見る人に与えているのかもしれない。また、そんな新しい手法が評価され、この一連のキャンペーンは『リーディングカンパニーが仕掛けたクリエイティブキャンペーン5選』(マイナビニュース)にも選出された。

 そして気になる超特大UFOキャッチャーのその後は、あまりに巨大過ぎて同様のイベントを行うこともできず、残念ながらクレーンは解体。プレゼントされるのを待つラクマたちは、倉庫に眠っている状態だという。

 あのUFOキャッチャーをリアルに体験することはできないけれど、スペシャルサイト『BIG SHARE! 幸せを、でっかくシェアしよう。』からダウンロードできるアプリで、バーチャル体験できる。しかし“UFOキャッチャーのゲームはバーチャルでもいいけど、180cmのラクマは実物で『もふもふ』体験したいー!”という人、多いのではないだろうか。

「販売店からも“店舗に置けないか?”といった要望はあったのですが、50体しかないので要望する店舗数に全然足りなくて……『もふもふ体験』するには、当ててもらうしかないですねぇ」



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング