初訪問のスナックで居心地良く過ごす方法を玉袋筋太郎伝授

NEWSポストセブン / 2012年3月8日 16時0分

写真

玉袋筋太郎と『うらら』:の麗子ママ

「日本を救うのは、政治家でも官僚でもない。ずばり、スナックなんですよ!」

 そう熱弁をふるうのは、浅草キッドの玉袋筋太郎。スナック突撃番組をレギュラーで持ち、最近もスナック本『浅草キッド 玉ちゃんのスナック案内』を出版するほど“スナック道”を説いてやまない玉袋氏が、横浜・野毛のスナック『うらら』とママの佐藤麗子さん(64歳)を訪れた。そこで、「How to スナック」5箇条を伝授してくれた。

【1】漢字一文字の店に名店多し!
「漢字一文字のお店って、老舗店であることが多いんだ。名前は先につけたもの勝ちだからさ。老舗ってことは、お客さんから長年愛されてきたって証拠だから、名店の確率が高いんだな」

【2】人柄が偲ばれるママの手料理でゆるむ!
 テーブルにつき、杯を重ね、タバコを一服するかしないかの絶妙な間で出されたのが、麗子ママ特製のいなり寿司とおでん。もてなしの手料理を食べてまずはリラックス。

【3】カラオケの選曲に迷ったら、デンモクに頼れ!
「デンモクの履歴は、その店で好まれる曲の宝庫。初めてのお店ではそれを参考に1曲目を歌うといい。お、分かってるじゃんコイツ! と思われたら、もう仲間。居心地は格段に良くなるよ」

【4】人生経験の豊富なママは最高のカウンセラー
 会社を経営していたご主人が早くに他界し、白血病も患った麗子ママだが、病魔に打ち克ち、58歳で一念発起してスナックママに。人生の先輩の話に耳を傾けよう。

【5】貼り紙チェックも密かな楽しみ
「トイレの注意書きなんだけど、いいね。お客さんに気持ちよくマナーを守らせたいってママの気持ちが汲み取れる。こういうのを眺めるだけでも楽しいもんだよ」

撮影■ヤナガワゴーッ!

※週刊ポスト2012年3月16日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング