山本太郎 東京の汚染度わからないため大阪に引っ越す計画

NEWSポストセブン / 2012年3月9日 7時0分

「実は近々、大阪に引っ越そうと思っているんですよ。国の発表は相変わらずはっきりしないし、東京の放射能による汚染度も、実際にはわかりませんからね」

 そう語る山本太郎(37才)の名はこの1年で日本中に知れ渡った。それも、本業の俳優としてではなく、脱原発活動家として。

 東日本大震災による福島第一原子力発電所事故から約1か月後の昨年4月9日、山本は食い入るように、ある人物が書いたツイートを見つめていた。

「ツイッターで、ソフトバンク社長の孫正義さんが“皆さんは、原発賛成? 反対?”とツイートしていたんです。内心、それを意思表示すること自体、芸能人としてはものすごく勇気がいることだと感じつつ、『反対!』と返信しました。そしたら、途端に涙があふれてきたんです。ようやく自分の気持ちを正直に表すことができたという嬉し涙です」

 それまで、原発事故のことがずっと気にかかって、眠れない日々が続いていた。放射能のことはもちろんだが、それ以上に「いうべきことをいわないのは、原発推進派と同じじゃないか」という考えが自分をいら立たせていた。このとき、「なにかが吹っ切れた」という山本は、自身のツイッター上でも脱原発を表明し、翌10日には都内で行われた原発撤廃デモに参加。その後も脱原発署名運動など精力的に活動を始めた。

「事務所には黙っていました。反対の声を上げたことで役者という仕事を失うかもしれない…覚悟のうえでしたが、それでもその時期をなるべく遅らせたかったんです」

 だが、現実は予想以上に早く訪れた。5月中旬、出演予定だったドラマの降板が決定すると、山本は「迷惑をかけたくない」と、所属事務所を去った。

「社長から“辞めてくれ”とはひと言もいわれませんでした。むしろ、“もう少し考えてみないか”と引き留めてくれさえしたんです。でも、それによって脱原発運動にブレーキをかけるという選択肢はなかった。まわりに迷惑をかけず、身軽に行動できるフリーの道を選びました」

 趣味のサーフィンをきっかけに、環境問題への関心を持つようになり、国際環境NGO「グリーンピース」を支援していたという山本。だが、原発の安全性については漠然とした不安は抱いていたものの、本格的に考えるようになったのは、3.11以降のことだという。

「恥ずかしい話ですけど、東北の発電所で作られた電力が東京に送られてきてるというのも、3.11以後に初めて知ったんです。東北の人にずっと危険な痛みを押しつけてきた結果、こんなひどい事態になっているんだと」

※女性セブン2012年3月22日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング