家庭内禁煙にあえぐ愛煙家夫 ファミレス喫煙席でスパスパ

NEWSポストセブン / 2012年3月14日 16時0分

 禁煙エリアが増えて、愛煙家には厳しい世の中になりつつある昨今。公共の場だけでなく、家の中でも禁煙となっている家庭も多いようだ。そんななか千葉県在住のHさん(37才、パート)の家庭でも禁煙となったという。しかしながら愛煙家の夫(48才、メーカー勤務)はなんだかんだでたばこを吸おうとするというのだが…。そんな夫にHさんが嘆きの一言!

 * * *
 最近、家をリフォームするのに業者を呼んだら、壁紙を見て「随分、長いこと野放しにしましたねぇ」と笑われた。リビングの白い壁は夫のたばこのせいで真っ黄色。壁紙張り替え代26万円!

「次はお小遣いから差し引く」ときつくいうと夫はベランダで吸うようになったんだけどさ。それでもたまに換気扇の下で吸ってたの。見つけるたびに「あのさぁ、ひと箱いくらだと思っているの?」といってたら、いつの間にか吸わなくなった。もしかして私の小言のおかげで禁煙成功? なんてほくそ笑んでいたけど、とんでもなかったわよ。

 先日、ママ友の家族とファミレスで食事をしたときのこと。店員さんが「禁煙席と喫煙席、どち…」ぐらいのタイミングで夫は「喫煙席で!」。

「小さい子供もいるのに」といいかけたけど、あいにく禁煙席は満席で喫煙席はガラガラ。「いいよ、早く座れたほうが」と友達もいうから、喫煙席にしたの。「だよなぁ」と、夫はニッコニコでドカッと席に座った途端、いっさい会話もなくスパァ~、スパァ~と。

「ね、いい加減にしたら…」って小声で夫のわき腹をつつくと、「いいんだ。お前の友達だって“早く吸われたほうがいい”っていってくれたんだから」とすごい誤解。

※女性セブン2012年3月22日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング