便秘経験のある女性は94.4% キムチ入り納豆で対処する人も

NEWSポストセブン / 2012年3月13日 16時1分

 男性よりも女性がなりやすいといわれる便秘。女性セブン読者のためのインターネット会員サイト「セブンズクラブ」で女性248人にアンケートを実施した。その結果からは、多くの女性が便秘に悩んでいる実態が明らかになった。

Q1:便秘になったことはありますか?
はい…94.4%
いいえ…5.6%

 ほとんどの女性が経験。「旅行など環境が変わるとなる」(45才・専業主)や、生理前や出産後に便秘がちになったとの答えも多かった。

Q2:最近も便秘に悩んでいますか?
はい…51.6%
いいえ…48.4%

「はい」が5割超。「常にお腹がはっていて、体が重い」(24才・専門職)、「いつも気がつくと便秘に…」(43才・専門職)との声が。

Q3:便秘で便秘外来などを受診したことはありますか?

 薬は服用しても、病院に行く人はほとんどいないよう。「はい」では「4日出なければすぐに病院に行く」(32才・専業主婦)人も。

Q4:便秘のとき、どのような症状が出ましたか?
「にきびなど肌荒れ」(34才・専業主婦)、「下腹部の痛みだけではなく腰痛も」(39才・専門職)のほか、吐き気や食欲不振、頭痛、肩こり、めまい、イライラなども。こちらはさまざま。

Q5 :便秘のとき、どのような対処法をとりましたか?
「乳製品をとり、適度に運動」(36才・パート)、「納豆にキムチを入れて食べる」(34才・専業主婦)、「出るまでトイレに座り続ける」(40才・専業主婦)、「下剤をのむ」(52才・専門職)といった対処法が。

※女性セブン2012年3月22日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング