江本孟紀氏 「城島はわがまま。金本のほうが潔い」と指摘

NEWSポストセブン / 2012年3月15日 7時0分

「このままでは日本球界が滅びてしまう。アホが増えすぎた」――野球評論家の江本孟紀氏は、こういって球界の行く末を憂う。開幕を前にエモやんが舌鋒鋭く、プロ野球界を蝕む「アホ」に斬り込む。

 * * *
 最初にいっておきたいのは、私のいう「アホ」とは関西で親しみと温かさを込めて使われる言葉だということ。名指しされた人たちはいい気分はしないかもしれないが、「変われば良くなる」という期待を込めて呼びかけているとご理解いただきたい。

 まず触れておくべきは横浜の中畑監督だ。彼は“明るく元気”なのがウリだが、弱いチームに必要なのは明るさよりも「厳しさ」、「闘争心」である。中畑監督がただの“元気なアホ”で終わるか、“さすが中畑”となるか。今年の横浜はその一点にかかっているといっていい。

 巨人では、坂本勇人に物申したい。昨年は遊撃手の失策王だったことを気にしたのだろうが、ヤクルトの宮本慎也に弟子入りしたのはマズかった。巨人に内野守備を教えられる人材がいないのだろうが、同じリーグのチームの選手の門を叩くというのは明らかなルール違反だ。外から見れば「巨人のコーチはどないしとるんや」ということになる。

 巨人には、いわゆる「清武の乱」で清武英利氏が体を張って守ったコーチもいる。それをよそに教えてもらいに行ったのでは、コーチのメンツが立たない。ナインだって面白くは思っていないだろう。坂本はそんな空気を吹き飛ばす活躍をするしかない。

 阪神では、城島のわがままさが目につく。高額年俸をもらって遊ばれるよりはチームとしてもマシなのかもしれないが、“故障で捕手ができないから一塁を”というエゴはチームの和を乱す。もともと同じポジションのライバルに奪われるならまだしも、一塁を守ろうと飛行機に何時間も乗ってやってきたブラゼルはどうなる。

 自分の守備位置にしがみつく金本のほうがはるかに潔いだろう。城島の処遇如何では、阪神の命取りになるし、球界に悪い前例を作ってしまう。有名選手の一人なのだから、それくらいの危機感をもってやってもらいたい。

※週刊ポスト2012年3月23日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング