倖田來未のパチンコ第3弾は「逢いたい」がテーマの自信作

NEWSポストセブン / 2012年3月14日 16時1分

 数多くの芸能人がパチンコ・パチスロ機のキャラクターに採用されているが、なかでも倖田來未のパチンコ機は人気が高く、これまでにパチンコとパチスロでそれぞれ2機種ずつ発売されている。そんな倖田來未のパチンコ機第3弾が、近々リリースされるという。パチンコライター・ぱちクロ氏が、その詳細についてレポートする。

 * * *
 パチンコの世界では、歌手を大々的にフィーチャーした「歌パチ」というジャンルがあるが、なかでも大人気コンテンツとなっているのが倖田來未だ。2007年に『KODA KUMI FEVER LIVE IN HALL』として第1弾のパチンコが発売され、その2年後の2009年に『KODA KUMI FEVER LIVE IN HALL II』として第2弾が発売。さらにそこから約2年半後となる今年3月に『フィーバー倖田來未III ~Love Romance~』として第3弾が発売される。

 アニメのタイアップ機なら比較的早いスパンで新作が発売されるケースも珍しくないが、芸能人のタイアップ機で約2年のスパンで新作が作られるというのは、業界的にも異例。それだけ倖田來未がパチンコ業界において人気コンテンツになっているのは間違いないことで、現時点でのSANKYOの看板シリーズといっても過言ではないだろう。

 スペックは、大当たり確率1/299.3(高確率時1/32.8)、確変突入率65%、時短は大当たり終了後70回転、大当たりラウンド数は、4ラウンド、10ラウンド、16ラウンドで、最大出玉は約2040個。これまでのシリーズ同様にシンプルなスペックで、パチンコファンであれば、気軽に遊ぶことができそうだ。

 また、『Butterfly』『キューティーハニー』『恋のつぼみ』などのヒット曲を使用しているほか、今年1月にリリースされたニューアルバム『JAPONESQUE』収録の新曲『BRAVE』も使用。「アラビアン」「スパイ」「パイレーツ」「マーメイド」の4ステージを舞台に、「逢いたい」をテーマとしたラブストーリーが展開される。さらに、液晶画面を覆い隠す、巨大な「ハイパーMAXバタフライ」役物を搭載。そのインパクトはかなりのものだ。

 当初、4月くらいに発売される予定だといわれていた、この『CRフィーバー倖田來未III』。それが、土壇場にきて3月に前倒しになったあたりを見ると、メーカーとしても、かなりの自信作ということなのかもしれない。

 ホールデビューは3月第3週の予定。それまでは、ひとまず公式サイトにある「倖田來未 体験インタビュー」の動画を見て予習をしておこう。



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング