1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

節約主婦 プレゼントは手作りにし、暖房はなるべく使わない

NEWSポストセブン / 2012年3月22日 16時0分

 給料がなかなか上がらないと嘆く人も多いが、お金の貯まる生活をしている人の生活とは? 夫、高2と中2の娘さんの4人家族の母・根本真由美さんは、お金を貯めることに興味を持ったのは子供が生まれてからで、いまではママ友の間でも有名な節約情報通。

 家族で香港旅行、子供のおこづかいくらいは生活費を圧迫しないで賄えているとか。根本さんが実践しているテクは次のようなものだ。

 ヘアカラー&トリートメント無料、肌チェック3000円、美容ドリンク3か月無料試飲、お菓子やお弁当の試食で3000円など、さまざまなモニターでお得をゲットの根本さん。試供品もたくさんもらうため、それらを現金に換算するとかなりの節約に。

「口コミやネットなどで情報を得ていますが、モニターは楽しいからはまっています」(根元さん)

 お店の人と仲よくするのも有効だという。 人当たりがよく、話し上手の根本さんはレストランや激安店、家電量販店などのお店の人とすぐ仲よくなる。結果、お買い得品情報を教えてもらったり、サービスがよくなるなど高待遇が。

 最近は洋服も安さで選び、右写真のジャケットは100円、スカートは500円で購入。選ぶ目を持っているせいか、その値段に見えないところがすごい!

 包装紙やりぼんなどは捨てずにストックし、再利用の方法を考える。根本さんは1畳ほどの土地で野菜や花を育てるが、摘んだ花をラッピングしてプレゼントにすると、とても喜ばれるそうだ。プレゼントはお金より気持ち。

 暖房はなるべく使わないという。この冬も暖房のエアコンはほとんど使わず、暖は湯たんぽでとった。膝に湯たんぽを乗せ、手には電子レンジで温めるカイロを持つスタイルが根本流。ペットボトルにお湯を入れてのリサイクル湯たんぽもナイスアイディア。

※女性セブン2012年3月29日・4月5日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング