ハワイアンズのフラガール達 全国124か所から福島応援した

NEWSポストセブン / 2012年3月27日 7時0分

 震災後、昨年10月の仮営業開始まで約半年、福島県いわき市にあるスパリゾートハワイアンズのステージに立てなかったフラガールたち。その間の彼女たちの大きな役割は、キャラバンで全国を回り、原発事故による風評被害の払拭と被災地支援を訴えることだった。リーダーのマルヒア由佳理さんは言う。

「将来への不安でいっぱいのスタートでした。でも、踊ることで、“立ち止まってちゃダメだ”と思えたんです」

 26都道府県124か所に及ぶキャラバン。観客たちは皆、心強い“福島の応援団”となった。

 その頃、新人の梁瀬結香さんは10月のデビューを目指して練習を積んでいた。「フラガールになるための試験にようやく受かって、デビューする矢先の震災でした。地元の方は、みんな苦しんでいます。まだ新人ですが、見に来てくれた人に夢を与えられるようになりたい」と語る。

 今年2月8日にはメイン会場もリニューアルされ、グランドオープン。1日2回のステージは大盛況だ。記者の横で見ていたおばあちゃんがつぶやいた。

「あの子たちが踊っているのを見て涙がこぼれた。少し元気になれた……」

※SAPIO2012年4月4日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング