「熟女の時代」到来 若い層ばかりか年上の男たちも熱い支持

NEWSポストセブン / 2012年3月19日 16時0分

 最近“美熟女”が世の男性の支持を集めている。だがAV業界では27歳を過ぎれば熟女女優と呼ばれるように、「熟女」の定義と解釈は様々だ。そもそも“熟女”という言葉はいつ誕生したのか。

 性別越境の社会・文化史に詳しい、都留文科大学講師の三橋順子は指摘する。

「国会図書館で検索したら、1983年に沢田竜治が『熟女のたわむれ』、翌年に赤松光夫も『熟女志願』を出版しています。このあたりから徐々に“熟女”が性的な意味合いをもって登場し、1990年代から一気に浸透していきます」

 三橋氏は熱っぽく続けた。

「その歴史的ターニングポイントになったのが、1994年末あるいは1995年初頭に発刊され、10年近くも発行された雑誌『熟女クラブ』です」

 うむ。ならば『熟女クラブ』の関係者を訪ねよう。三和出版専務で同誌の編集担当重役だった松本裕氏だ。

「この雑誌は隔月刊で、最盛期に1万5000部のセールスを記録していました。私たちは熟女を35歳から50歳以下を目安にしていました」

 松本氏は、当時の熟女ファンを「母親に甘えたい、屈折した性欲と願望をもつ」と分析した。同誌はその後『超熟』という50、60歳代の熟女が登場する雑誌へ引き継がれ、現在も好セールスをキープしている。

 三橋氏がその点を踏まえて語る。

「熟女ファンのコア層は『熟女クラブ』的な、年齢を重ね肉体のラインが崩れた“20世紀末型熟女”に性的魅力を覚えます。ところが21世紀初頭に、美貌と肉体美を備えた中年女性“美魔女”が登場します」

 その先駆けが2004年に『花と蛇』で主演した、当時36歳の杉本彩。彼女は“21世紀初頭型熟女”の典型だ。ちなみに五月みどりが『かまきり夫人』に主演したのも36歳だった。さらに彼女は1983年に、中森明菜の大ヒット曲『少女A』に対抗し、『熟女B』を発売している……。

「杉本と五月では性フェロモンの質が決定的に異なります。現在の熟女マーケットは年増や夫人、老嬢を呑みこみ、さらには20世紀末型と21世紀初頭型の2パターンの熟女が混在することで、一段と活発化し、その定義も複雑化しているのです」

 今や熟女好きは、若い層ばかりか、彼女たちと同年輩や年上の男たちも同じ。「熟女の時代」が到来した。

※週刊ポスト2012年3月30日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング