木嶋佳苗の裁判 傍聴席の至る所から「ブス」の声聞こえてくる

NEWSポストセブン / 2012年3月24日 16時0分

写真

木嶋裁判すべて傍聴の北原みのりさん

「21世紀の最大の毒婦」「婚活詐欺師」——出会い系サイトで知り合った男性三人を殺したなど容疑で、先ごろ検察に死刑を求刑された木嶋佳苗被告(37歳)には、さまざまなレッテルが貼られている。しかし本当のところはどうなのか。30回以上に及ぶ全ての裁判を傍聴している、文筆家で女性用アダルトグッズショップ「ラブピースクラブ」代表の北原みのり氏に「私が見た佳苗」について聞いた。(聞き手=ノンフィクションライター・神田憲行)

 * * *

——3月12日に被告に死刑が求刑されてこの裁判も山場を迎えたわけなんですが、ずっと長く見ていらして、裁判の雰囲気に変化はありましたか。

北原:傍聴券を求める人がひと頃の三倍くらいには増えた感じがします。男性だと、佳苗被告を見て「やっぱりブスだ」「スゲえブスブス」とか、傍聴席の至る所から「ブス」という声が聞こえてくる。

 女性でも佳苗被告と同世代ほど、辛く当たる。傍聴席から指さして「なにあのブス」という人もいましたし、休廷中に佳苗の服装をあげつらって「ダサイ」と罵っていた人もいました。

——その人たちはなぜわざわざ見に行くんでしょうね。

北原:わからない。行かないと心が穏やかでいられないんでしょうね。聞いた話だと佳苗と同世代のある女性は風俗で働いていて、しかも美人なのに佳苗のように稼げなかった。ブスなのに自分より稼ぐことが許せないとか。自分と佳苗を比べてしまう人ほど、佳苗を憎むんだな。そういう意味では佳苗は鏡のような存在かもしれない。

——でも、被告の美人とは言い難い容姿で、次々と男性から貢がせたというのはこの事件の謎の一つです。

北原:うーん、あたしは佳苗がブスに見えないんですよ。

——えっそうなんですか?

北原:写真写りは悪すぎるんですが、実際に雰囲気は上品だし仕草も優雅で、感じが良い人なんですよ。出・退廷で女性刑務官が手錠を掛けるとき、佳苗はニッコリ笑いながら両手首を合わせをながら差し出すんですよ。そのときの表情がなんとも優しい。しかも声が甘い。全てがあえぎ声に聞こえるぐらいに甘い(笑)。

 佳苗被告は男性とのやりとりもメールと電話でした。あの声で電話が掛かってきたら、男性は想像を膨らませるのは仕方ないですよ。会うまで三日間ぐらいの間で10通ぐらいメールしていた男性がいましたが、文面からすごく盛り上がっているのがわかった。会ったときにはもう、佳苗の容姿は5割り増しに見えたでしょうね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング