1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際

【キャラビズム】電車の中で足を広げて座る女性が目立つように

NEWSポストセブン / 2012年3月31日 16時0分

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの84歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』などの著書がある。日本在住 40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向 けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム」。さて、あなたはどう受け止めるか? 今回は、「電車」編である。

 * * *

●Grand-mère tu fais asseoir ton petit-fils dans le train oubliant souvent qu‘il ne mourra pas de fatigue alors que cela pourrait bien t’arriver

おばちゃん、電車の中で孫を座らせて、自分が立っていてもいいけど、子供は疲れていても簡単に死なない。でも、あなたが疲れたら死ぬかもしれない! 

●Les demoiselles qui se maquillent dans le train ne peuvent pas voir les regards méprisants des autres voyageurs!

電車の中でお化粧している女性の鏡には、映っていない周りの人の軽蔑の目線は映っていない!

●Jusqu‘a présent,dans les train,seuls les hommes écartaient les jambes en s’asseyant, de nos jours beaucoup de femmes les imitent

今までは電車の中で男性だけが足を広げって座っていたが、最近女性も目立つようになった!



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング