松島トモ子コンサート 一体感に溢れライオンネタも飛び出す

NEWSポストセブン / 2012年3月25日 16時0分

 最近、『クイズ☆タレント名鑑』(TBS系)で注目を集めているのが、松島トモ子(66)だ。番組では、1986年にライオンとヒョウに噛まれたことをネタにされ、動物に餌をやるなどのオファーを引き受け、昨年12月には回答者としてスタジオにも生出演。プチブレイクを果たしている。

 松島は子役として芸能界にデビューし、以降女優や声優としても第一線で活躍。数年前にCM自体が終了したが、「ミネラル麦茶」のメインキャラクターだったことでもお馴染みだ。

 還暦を超えてもなおバイタリティ溢れる松島は、いまだに2時間近いコンサートを開催しているという。昨年の公演を観に行った人はこう振り返る。

「2時間のうち、1時間が歌で、1時間が朗読。途中、『上を向いて歩こう』の歌詞が字幕に流され、松島さんが『みなさん一緒に歌いましょう!』といい、会場みんなで合唱しました。客層は60代や70代がほとんど。松島さんが客席まで降りてきて、お客さんにマイクを向けるなど、会場はすごい一体感に包まれましたね。かなりフレンドリーなコンサートです。

 また、ライオンとヒョウに噛まれたネタも織り交ぜながら、トークで笑いを誘っていましたね。アンコールでは、SMAPの『世界に一つだけの花』を熱唱。衣装替えも数回ありましたね。その声量と体力は、とても60代とは思えません」



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング