フジTVと日テレが近い新橋駅は女子アナにとって危険スポット

NEWSポストセブン / 2012年4月2日 16時0分

 衝撃の告白、である。

〈今日、ラジオの仕事に行く前に、痴漢に遭いました〉

 自身のブログ(3月25日付)にそう綴ったのは安藤幸代アナ(34)。フジテレビ系のスポーツニュース『すぽると!』などでご記憶の方も多いだろう。“惨劇”はこう続く。

〈私が電車から降りた瞬間、体を触られ、相手は、電車に乗り込む。(中略)「その人、痴漢です!」と再び電車に乗り込み、犯人を捕まえました。でも、犯人のオジさん、逃げる逃げる。情けない顔して〉

 怒りのスイッチが入った安藤アナとオジさんの捕物帳は電車、ホーム、電車と続いたが〈生放送の仕事も控えていたので〉結局、取り逃がしたのだという。

〈男性の皆さん、助けましょうよ〉〈いい歳した人が痴漢だなんて…ホントにくだらない事して、ホント情けない〉となかなか収まらない様子の安藤アナ、多忙とのことで残念ながらこれ以上の詳細を聞き出すことは叶わなかったが、実はこの手の話、珍しいわけではない。

 人気の局アナとはいえ、基本は会社員だから深夜早朝などを除いては電車通勤。それが“地獄”に変わることもままあるという。

 テレビ局関係者が明かす。

「突然、握手を求められたり話しかけられたりするのはまだいいほうで、抱きつかれたり暴言を吐かれたりすることもあるようです。2009年にも当時日本テレビの女子アナが新橋で痴漢被害に遭っていたことが報じられました。どうしても華やかで人目をひきますから、それだけで狙われて、女子アナ本人と気付かれないまま被害に遭うケースもあるみたいですね」

 テレビ局へのアクセスは周知されていることから、ストーキングの標的にもなる。

「お台場にあるフジテレビのアナが通勤で使うゆりかもめの始発駅で、汐留の日テレにもほど近い新橋駅周辺は、知る人ぞ知る危険スポットです。女子アナを待ち伏せた末に後を尾け、自宅を割ろうとする狂信的なファンもいます。人気商売は重々承知とはいえ、ストレスですよね」(制作会社関係者)

 女子アナたちの“自衛策”は、何より「気付かれないこと」。最近はツバの大きな帽子、メガネ、マスクなどを総動員して対策しているケースが多いという。

※週刊ポスト2012年4月13日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング