“ユッサユサしとる”と大騒ぎの爆乳アナ NHK朝の顔に抜擢

NEWSポストセブン / 2012年4月6日 16時0分

 NHKの「巨乳アナ」といえば思い出すのが、山形支局で活躍した古瀬絵理だろう。2003年頃、推定Hカップのバストをふるわせ「スイカップ」の異名で有名になった。

 あれから9年――。NHKに再び「スイカップ」と称えられる巨乳アナが登場した。この4月から朝のニュース番組『おはよう日本』でスポーツコーナーを担当する杉浦友紀(ゆうき・28)だ。

 2006年、NHKに入局した杉浦アナはまず福井支局に配属。地方局ながら推定Gカップはあろうかという胸のふくらみが視聴者の目にとまり、いつしか「北陸のスイカップ」と呼ばれるようになった。その後、故郷である愛知県の名古屋支局に転勤。そこでも人気アナとして活躍する。

 フリーアナウンサーを多く抱える芸能事務所の関係者がいう。

「上智大学時代に“ミスソフィア”に輝いたので存在は知られていましたが、その爆乳ぶりは、彼女と名古屋で共演した芸人たちによって広められたんです。“名古屋に凄いアナウンサーがいる”“ユッサユサしとるわ”と大騒ぎだったらしい。全国放送に抜擢されたのは、芸人たちの噂がNHK本社のお偉方の耳に入ったからかもしれません」

※週刊ポスト2012年4月13日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング