実家の寺が被災したライターが当事者目線で綴った現地報告本

NEWSポストセブン / 2012年4月7日 16時0分

【書評】『共に在りて 陸前高田・正徳寺、避難所となった我が家の140日』(千葉望/講談社/1470円)

 * * *
 プロのライターである著者の実弟が僧侶を務める実家の寺が、震災後、避難所に。そこでの様々な出来事を当事者の目線でレポートする。特に宗教関係者の活動も記すが、京都から度々支援に訪れたある僧侶は〈これから一〇年、二〇年という単位で、被災地から力のある僧が出るのではないかと言う。

(中略)法然が生きた鎌倉時代は戦争や疫病が多かった。京の都にはおびただしい死者が打ち捨てられていた〉。長く後世に伝えたい記録。

※週刊ポスト2012年4月13日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング