あなたはピアス派? イヤリング派?「誕生日の記念にピアス」「穴を開けるのが怖くてイヤリング」など耳のおしゃれにそれぞれのこだわりがあったよ

Pouch[ポーチ] / 2017年8月13日 6時45分

写真

あなたはピアス派? イヤリング派?「誕生日の記念にピアス」「穴を開けるのが怖くてイヤリング」など耳のおしゃれにそれぞれのこだわりがあったよ


耳元のおしゃれといえば「イヤリング」や「ピアス」。耳を出す機会が多い夏は、カラフルなイヤリングやゆらゆら揺れるピアスが映えますよね。

今回は、日本最大級のQ&Aサイト「教えて! goo」から、「あなたはピアス派? イヤリング派?」についてのQ&Aをご紹介します。

【今回の質問】

この頃、アクセサリーショップをのぞいてみると、つとにイヤリングが減っているように思います。街ですれ違う女性もかなりの確率でピアスをしているような……。私は今のところ「イヤリング派」なのですが、ピアスの普及率は相当高そうですね。そこでピアス派かイヤリング派かお聞きしてみたいです。
(john_johnさん)

【回答者さんたちからのお答え】

■ピアスはおしゃれのポイント

「ピアス派」です。開けて10年はたちます。当時はお店にあるかわいいものがほとんどピアスだったので憧れ半分ですね。それとピアス以外にアクセサリーをつけないので、しゃれっ気がないかと思い、自分では「ポイント」のつもりです(笑)。
(serisari333さん)

まずはピアス派の方から。「最初は憧れ」ってわかりますね~。イヤリングは誰でもつけられるけど、ピアスは穴がないとつけられないから、ちょっと大人になった気がしますもんね。それから、ピアスはさりげなくおしゃれな感じがして「おしゃれのポイント」っていうのもわかるな~。

■デザインの豊富さと安さが魅力

私は「ピアス派」です。開けたのは24歳です。それまではイヤリングをしてましたが、締めすぎると耳たぶが痛くなるし、痛くないように緩めてると落ちちゃってたんですね。だから、思い切ってピアスにしましたが、片方なくしちゃったりなんてこともよくありますし、耳がかぶれて痛くなることもあります。それでもピアスをやめないのは、デザインの豊富さと価格の安さが魅力だからですかね。
(nagishihoさん)

イヤリングは落としやすいというイメージがあるけれど、ピアスもなくすことがあるんですね。それでも魅力を感じるピアス。やっぱりデザインがいろいろあって選びやすいので、ピアス派が多いのでしょうか!?

■ピアスを開けるのは怖い!

「イヤリング派」です。私はピアスを開けるのが本当に怖いからです(臆病者なので)。高校のころから友人みんな開けていましたが、赤くなっているのを見ると痛そうで。「見た目より全然痛くないよ。開けてみなよ」と言われましたが、それでも怖くて開けられなかったです。結局、飾りは同じでピアスとイヤリングどちらにでもしてくれる通販でイヤリングを買います。
(violet122さん)

Pouch[ポーチ]

トピックスRSS

ランキング