2018年1月上映期待度ランキングトップは『キングスマン:ゴールデン・サークル』でした★

Pouch[ポーチ] / 2018年1月13日 19時45分

写真

2018年1月上映期待度ランキングトップは『キングスマン:ゴールデン・サークル』でした★

2017年は国内外問わず面白い映画が目白押しでしたが、2018年も、映画好きの胸をドキドキわくわくさせてくれる新作がたくさん公開されるみたい!

参考にするのは国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」が発表した、「2018年1月上映映画 期待度ランキング」です。たった1ケ月だけでこんなにも多くの新作が公開されることに驚くと同時に、どれから観ようか、さっそく計画を立てたくなっちゃうこと必至なんですよぉ~!

【トップ10を発表~~~!!】
トップ10にランクインした映画には、わたしが昨年から公開を待ちに待っていたアノ映画も名を連ねておりまして、書いてるだけで体がウズウズしてきちゃいますっ。

前置きはこれくらいにして、それではさっそくまいりましょう。「2018年1月上映映画 期待度ランキング」の結果は、こちら☆

10位 『ダークタワー』(1月27日公開)
スティーヴン・キング氏による全7部構成の長編小説「ダークタワー」シリーズを完全映画化。ニューヨークで暮らす少年ジェイクは不思議な夢に導かれ、時空を超えた世界に迷い込んでしまいます。現実世界と “中間世界” のバランスを保つ塔「ダークタワー」を守る者、そして破壊しようとする者。世界の均衡は果たして守られるのでしょうか……!?

9位 『ジオストーム』(1月19日公開)
天候を完璧に制御する「気象コントロール衛星」が暴走し、世界はあわや地球嵐(ジオストーム)の状態へと突入しようとしていました。寒波に地割れ、大洪水……各地で暴れまわった災害の波が、ついには東京にも迫りはじめ……。「インデペンデンス・デイ」の製作・脚本を手がけたディーン・デヴリンの初監督作品です。

8位 『レディ・ガイ』(1月6日公開)
『ワイルド・スピード』シリーズでおなじみ、ミシェル・ロドリゲスねえさん主演。凄腕の暗殺者が組織に裏切られ、知らない間に女性に改造されて(!)しまいます。その後の復讐劇を描いたサスペンス映画なのですが、男性だったシーンもミシェルねえさんが特殊メイクで演じているというからスンゴイ!

7位 『伊藤くん A to E』(1月12日公開)
岡田将生さんと木村文乃さんが初共演。モンスター級の痛男(いたお)・伊藤と、崖っぷちアラサーの毒女(どくじょ)5人による「予測不能な震撼恋愛ミステリー」とのことです。ってか、「震撼恋愛ミステリー」ってワード、初めて聞いたわ!

Pouch[ポーチ]

トピックスRSS

ランキング