春なので話題の「ひとり花見」を体験してみた! 沢山のメリットと小さなデメリットがありました

Pouch[ポーチ] / 2019年3月21日 12時15分

写真

春なので話題の「ひとり花見」を体験してみた! 沢山のメリットと小さなデメリットがありました

ポカポカ陽気を感じる今日のこの頃。寒さから解放された私たちは、ついやりたくなることがある。それは……お花見!

毎月1のつく日(1日、11日、21日だけ)は「ステキなぼっちの日」。Pouchでは担当ライターがぼっちの可能性を広げるべく、世の中のさまざまな場所でぼっちでも楽しく過ごせるかどうかを検証しています。

今回はひとりでお花見です! 実は昨年からじわじわと「ひとり花見」が楽しいと話題になっていました。私はお花見が大好きなのですが、ひとり花見は未経験。さっそくトライしてみると沢山のメリットと小さなデメリットに気がついたのです!

【気軽に始められるぞい!】
ということで、ポカポカ晴れたある日のこと。
道端に咲いている桜を見て「そうだ 花見しよう」と思い、100円ショップでレジャーシートを購入。さらにその足で、近くにあったハンバーガー屋で食べ物を購入し、近くの公園へ。パッと思いついてすぐにルンルンと行動できるのは、ぼっちならではな気がします。

【ひとりなら場所取りも楽勝】
そして! 花見の難関「場所取り」も、ひとりだからスイスイクリア。どんなに人が溢れていても、ひとりならスポっと隙間におさまるので楽チンチン♪  トイレや売店に行くたびに場所を変えても、すぐに新しい居場所を見つけられます!

団体なら「どこにする?」「いつにする?」「何食べる?」「お酒買ってきてね」「あなたは場所取りね」とアレコレ考えないといけないし、「責務を全うしなければ…!」というプレッシャーを感じますが、ひとりならそんなプレッシャーから全て解放されます!

美味しいゴハンと桜があれば、あっという間に「花見」がスタートするのです。

【花より団子にならないよ!】
「花より団子」という言葉がありますが、ひとりでお花見すると「花より」にはなりません。話し空いてもいないので、視界は自然と桜へ。

モグモグ美味しいご飯を食べながら、桜をうっとり愛でることができるのです。「花より団子」というよりは「花と団子」という感じかも。

途中で「太陽できらきら輝くサクラって、なんだか可愛い♪」と、自分の中で冬眠していた乙女な部分もちょっぴり目を覚ましちゃいましたが、これもきっとひとり花見の醍醐味。花を見ているだけで心に栄養が送られているような、そんな癒しの力があるのです。

【メリットしかないじゃん!と思いきや…】
私は団体のお花見だと、空気を読みながら食事したり、お酒飲んだり、帰るタイミングを見計らったりして正直疲れることもあるのですが、ひとりは全て自分がコントロールできるので楽チン!

癒されるし、手軽だし、言うことなし! と心地よい気分のまま会社に戻ると「ねぇ、背中に草がいっぱいついてるよ!」と言われました。

そうだ……! 公園のお花見では、風に舞う草や木が服にくっついてしまうんだった……。払ったつもりでも背中は死角でした。ぼっちゆえに誰にも指摘されず、草まみれで歩いてたかと思うと、なんだかとっても恥ずかしいYO!!

【総括:ひとり花見は簡単に癒される春だけの体験】
背中が汚れても気がつかない、というデメリットはあるものの、基本的にひとり花見は気軽に始められてかなり楽しい。おまけに、ぼっちは混雑で無敵なので、桜の名所をあちこち気軽に回ることもできそう! なんだか「ひとり花見」が人気の理由が少しわかった気がしました。

次はホットワインとおつまみを家で準備して夜桜を楽しもうかな〜。

孤独度 ★
満足度 ★★★★★
オススメ度 ★★★★★

撮影・執筆=百村モモ (c)Pouch

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング