JR東海社長"新幹線本数はまだ増やせる"

プレジデントオンライン / 2018年12月17日 9時15分

東海旅客鉄道社長 金子 慎氏

6年連続で最高益を叩きだしている東海旅客鉄道(JR東海)。主力の東海道新幹線の需要は伸び続けている。2027年に開業予定のリニア中央新幹線計画も軌道に乗ってきた。そんな中、18年4月、10年近くリニア計画に携わってきた金子慎氏が同社の社長に就いた。金子氏に同社の戦略について聞いた――。

■リニア開業後は「こだま」を増発

――会社の現状、課題、展望は。

【金子】幸いなことに日本の経済が好調で、鉄道の利用は堅調さを保っている。新幹線の乗客数は、18年3月期は前年比3%増。18年6月に大阪北部地震があったが、その月も17年と同水準の利用者数があった。リニアについては難易度の高い工事から契約を締結し、順次工事に着手している。最優先の課題は一貫して、事故を起こさず、安全を確保することだ。

今は好調でも必ず谷はくるし、逆風も吹く。またリニア建設も大阪延伸まで視野に入れると長く続き、設備投資額もこれから上がっていく。だからこそ、仕事を効率化したり、よりよいサービスを提供したりして、経営体力をつけなくてはいけない。

――新幹線利用者数は伸び続けている。天井は見えているか。

【金子】今は1日47万人が利用しているが、ダイヤはかなり過密。ただ、まだ新幹線の本数を増やす余地はあると思う。リニア開業までは毎年少しずつ乗客数を増やしたい。開業後は、新幹線については東京―大阪を最速で結ぶ「のぞみ」の本数を減らし、逆に多くの駅に停まる「ひかり」や「こだま」を増発したいと思っている。

――18年6月、新幹線内で刃物を持った男が暴れ、乗客3人が死傷する事件が起きた。

【金子】許しがたい事件だった。新幹線を安心して利用してもらうために、新幹線に乗る警備員の数を増やし、犯罪への抑止力を高めたい。また、全乗務員らへの防犯スプレーの配付を完了した。今後は、車内の複数箇所に、防護盾などの装備品を年末までに順次配備していく。

――金子社長の会社員人生の中で、思い入れのある仕事は。

写真=iStock.com/Yongyuan Dai

【金子】新幹線鉄道事業本部の管理部長時代に、現場に話を聞きに回った。すると、国鉄時代は多くの現場長が「ルール通りに仕事を進めることが自分の役割」と思っていたのが、分割民営化から10年がたち「もっといい仕事をしたい」と思う人が増えてきたことがわかった。そこでマネジメントの優良事例を発表する「現場マネジメント発表会」を開いた。優良事例を社内で共有することで、現場はいい方向にむかった。発表会は20年後の今でも引き継がれている。

自分の原点はここにあると思っている。社員の本来持つ力を発揮させ、それを統合する。鉄道会社はヒット商品を次々生み出す会社ではない。安全やサービスを地道に磨き続ける仕事で、その力を社員に発揮させるのが私の役割だと思っている。

▼社長への質問
1 出身高校
富山県立富山高等高校
2 長く在籍した部門
人事部
3 最近読んだ本
『失敗の科学』
4 座右の銘
「心配な時は、もっと、しっかり準備しよう」と心がけている
5 趣味
読書

----------

金子 慎(かねこ・しん)
東海旅客鉄道社長
1955年生まれ。富山県出身。東京大学卒。78年、旧日本国有鉄道入社。JR東海専務、副社長を経て2018年4月から現職。

----------

(東海旅客鉄道社長 金子 慎 構成=鈴木聖也 撮影=原 貴彦 写真=iStock.com)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング