上司が思わず許す「ズル休み」のズルい言い訳

プレジデントオンライン / 2019年9月21日 17時15分

※写真はイメージです - (写真=iStock.com/kozorog)

■ズル休みがバレないベストな言い訳は

今日は休みたい、ズル休みがバレない理由を探さなきゃ、と真面目に考える方へ。前提として、お伝えしたいのですが、残念ながら、ズル休みはバレます。後ろめたさや申し訳ないと思う心模様が翌朝の顔に表れたり、変な汗をかいたり、嘘をつくとわかりやすいサインが出ます。

ズル休みはバレる。これを前提として押さえつつ、休むときの流れを4つのステップで説明しましょう。

■「今日はズル休みします」と言ったらどうなる?

ステップ1では「ズル休みをする意味」を考えます。「連日忙しくて休みがなかなか取れなかった。1日だけ休みを取ることで、体力と気力が回復するから、翌日から仕事に打ち込める。だから、これは自分にとって大切な休みなんだ」というように、これが意味のある休みであると自分に言い聞かせることが大事です。

ステップ2では、上司などに休む旨を伝えます。基本的に連絡手段は電話がおすすめです。LINEやメールで済ませると、相手がそれを読んでいるのか、伝わっているのか不安になり、心が休まらない場合も。電話のほうがスッキリするはずです。自分で伝えづらいなら、家族やパートナーにお願いしてもいいでしょう。

このときの休む理由は簡潔にまとめます。「体力が落ちてきているので」「3日くらい仕事が忙しくて、体力が限界なので」などはシンプルで◎。「次のプロジェクトに向けて、体力を回復したいので」のように前向きな言葉を添えると好印象です。

ちなみに、「今日はズル休みをします」と大胆に宣言するのもありなのでしょうか。答えは「伝える相手のタイプ、性格、年代などによる」としか言えません。考え方が柔軟な方や休む前にがんばっていたことを知っている方なら、「斬新だな!」と笑って受け止めてくれるかもしれませんね。

■誠意があれば、好印象? ズル休み完全マニュアル

ステップ3では、休む環境を整えます。たとえば、SNSにはログイン・投稿しない、知人がいそうな場所に出向かないなど、人目に触れることはオフライン・オンラインともに避けたほうがいいと思います。ズル休みした日に遊ぶ目的で外出すると、気持ちに開放感が生まれ、休んでいるのを忘れてしまいがち。そこでうっかり投稿してしまったSNSを上司が見てしまったら、「仕事をサボっている」と判断されるでしょう。自分ではSNSを使わなくても、街中で誰かが撮影した写真や動画に自分が写り込んで、それが拡散されて周りに知られる可能性もあります。ズル休みをする日は本当の意味での「休む」を徹底したいものです。

■リスタートするような意識で

ステップ4では、リスタートするような意識で、翌日の仕事に向き合います。「休んだぶんを仕事で返そう」という気持ちを持てるといいですね。上司に対し「昨日お休みをいただいたおかげで、体力が回復しました。ありがとうございます。今日からがんばれます!」など、エネルギーにあふれる言葉を伝えると、心もより前向きになります。

「ズル休みは絶対ダメ」というものではありません。誠意を持って休む理由を伝え、休息で心身を労り、仕事へのパワーをためる。そんな機会にしてほしいと思います。

----------

小高 千枝 心理カウンセラー
メンタルトレーナー。ストレス社会で生きる現代人の「心の免疫力」を高めるセッションを提供。メディア出演多数。

----------

(心理カウンセラー 小高 千枝 構成=池田園子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング