ホスト狂いの現役女子大生が「毎月100万円超」を貢げるワケ

プレジデントオンライン / 2020年7月7日 11時15分

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Y_Hirosan

東京・歌舞伎町のホストクラブで新型コロナウイルスへの感染が相次いでいる。そうしたホストクラブでは客の多くが風俗嬢だという。彼女たちはなぜ体を売ってまでホストに通うのか。ノンフィクション作家の中村淳彦氏が取材した——。(第1回/全3回)

※本稿は、中村淳彦『新型コロナと貧困女子』(宝島社新書)の一部を再編集したものです。

■コロナ禍でも大盛況な場所がある

「中村さん、新刊の取材ですよね? Tビルに行きます? すぐそこですよ」と鈴木樹里さん(仮名・20歳)が言いだした。

彼女はホスト狂いの現役女子大生であり、東京六大学に在籍する大学3年生だ。大学1年生の夏休みに高級ソープ嬢になって、月に100万円単位のお金を稼ぐようになった。そのお金をほぼ全額、歌舞伎町のホストクラブに注ぎ込む破天荒な女子大生だ。

東京都には緊急事態宣言下で外出自粛要請が出ている。しかし、彼女のような人種には強制力のない外出自粛要請は関係がない。担当ホスト(指名するホスト)が出勤するので歌舞伎町に来たという。担当ホストの出勤まで1時間以上あるようで、時間を潰したいようだ。

Tビルは歌舞伎町で有名な自殺の名所だ。ホスクラ客の若い女性が続々と飛び降り自殺をしている。

もっともひどかったのは、2018年の秋で、9月23日、10月4日、10月5日と立て続けに若い女性が飛び降り自殺、自殺未遂騒動を起こしている。Tビル前のアスファルトは血で染められ、2基あるエレベーターの左側は女性の霊がいるという噂までである。

「ホスクラの客は稼いでなんぼ、お金を落としてなんぼだから、ほとんど風俗嬢とキャバ嬢です。風俗嬢のほうが圧倒的に多いですね。やっぱりホストはカッコいいし、チヤホヤされる感じは楽しい。それと、お金を使ってほかの女に勝つみたいな。比較対象がある喜びかな」

ホストクラブはお金がかかる。若い女性のほうが圧倒的に稼げるので、客は10~20代前半がメインとなる。

■「ホスト以外の男は全員諭吉」

「風俗嬢がホストにハマるのは、普段おっさんと接しているから。癒やしを求めて。風俗していると自分のなかの異性が“ホストか客か”ってだけの二択になっちゃう。ホスト以外の男は全員客の諭吉にしか見えないみたいな。一般男性も客に見えちゃう。ずっと男にいやらしい、そういう目で見られているわけだから、やっぱり癒やされたい。一般の男性より、お金を払ってホストと恋愛するほうが楽って感覚はありますよ」

歩いたのはせいぜい3分ほどで、ヨーロピアン調のTビルに到着した。自殺騒動が起こると、通行人が群がって写真を撮る。そしてSNSにアップする。何度も見たことのある建物、そして風景だった。

建物の前を見るだけと思っていたが、鈴木さんは中に入っていく。エレベーターの「←」のボタンを押すと、若い女性の霊がいるとされる左側のドアが開いた。最上階の7階を押す。エレベーターの中に入ると低音の音楽と盛り上がる声が聞こえた。

緊急事態宣言下で外出自粛要請がされ、街中に警察官が歩いて監視する。歌舞伎町は壊滅状態といわれるなか、ホストクラブは営業して大盛況だった。3密なのは当然、コロナはどこへ行ってしまったのか? という雰囲気だ。

「売れているホストは、呼べば女はいくらでも来る。会いたくて、会いたくてしょうがないわけだからコロナとか関係ないんですよ。ホストもキャバ嬢も一緒だけど、売れている人たちは歌舞伎町がこんなになっても、全然困ってないんですよね」

令和は個人の時代といわれる。ファンを持つ者が勝ち、ファンを持つ者が有利に生きていける。ホストクラブはその時代性を体現していた。屋台骨となる街が壊滅状態に陥っても、ファンを持つホストはなにも困っていなかった。

■7階建て、地上20メートルの自殺の名所

フィーバーするホストクラブを横目に非常口の扉を開けた。華やかな外観とは正反対の老朽した埃っぽい階段があり、すぐに立入禁止と書かれた重苦しい扉があった。左側のエレベーターで最上階に上がって、非常口から階段で屋上へ向かう……これが数々の飛び降り自殺者がたどった経路だ。

「あー扉のドアノブがなくなってる。去年まであったのに」

彼女はそう言いながら、屋上に続く扉の写メを撮っていた。老朽した鉄製扉に赤い文字で立入禁止と書かれ、ドアノブは外されている。真新しい鍵がつけられ、扉の上部には有刺鉄線が張りめぐらされている。簡易的な屋根もついている。屋上に出ることができないように改造されていた。

「去年の末まではドアノブが外されているだけで、扉が開かなくても自殺する女の子たちはここをよじ登って屋上に行ったんです。有刺鉄線までついたのは最近。この前、来たときはなかったですから」

7階建てのビル屋上はかなり高い。地上20メートルくらいはあるだろうか。飛び降りた女の子は即死であり、未遂のケースは屋上で躊躇っているところを救助されている。女の子が飛び降りて、通行人に激突して2人とも死んでしまったケースもあり、本当に血で染められたビルなのだ。

■200万~300万円のツケを背負ってビルから飛び降りる女の子

女の子たちの自殺の原因は、ホストとのトラブル。お金の問題がほとんどのようだ。ホストクラブは女性客が高額なお金を落とすようにシステムができている。ホストに恋愛をする客は大金を注ぎ込んでライバルと競い合う。ホストはお金を使う客から優しくして大切にするので、女の子たちはどんどんと高額ボトルをいれてお金を落としていく。後払いである“ツケ”の制度もある。ツケが払えなくなった女の子はホストから激しい取り立てをされ、破綻していくという流れだ。

中村淳彦『新型コロナと貧困女子』(宝島社新書)
中村淳彦『新型コロナと貧困女子』(宝島社新書)

「ホストクラブの売り上げは、店と折半という制度。たとえば100万円売り上げたら、店に50万円は納めないといけないんです。ツケで売り上げを立てて女の子が払えなかったら、ホストは自腹で店にお金をいれなければならないの。ツケが飛んで逃げるホストもいるけど、ホストは横のつながりがあるので、もうホスト界には戻れない。だから回収は激しくなっちゃいます」

自殺する女の子たちのツケは、おおよそ200万円、300万円という金額だという。ホストは職場や実家にまで回収に行くのでトラブルになり、追いつめられ、一部の女の子は飛び降り自殺してしまう。若い女の子がアスファルトに叩きつけられて命を落とすのは、あまりにも無残だが、ここではそんな悲劇が日常として起こっている。

■地方への出稼ぎはメリットが多い

23時。鈴木さんは目をキラキラさせてLINEを見る。いまハマっているホストが出勤したようだ。最後に「歌舞伎町で知り合ったホス狂いの友達とつなぎましょうか?」と言う。頷くと、わずかなLINEのやりとりで、あっという間に筆者を含むグループLINEができあがった。

ホス狂いの現役風俗嬢・舞ちゃん(仮名・23歳)とLINE電話でつながった。電話で舞ちゃんに挨拶していると、鈴木さんは手を振りながら早足でホストクラブへ行ってしまった。

「いま徳島県にいます。コロナ以降は、地方もお客さんは全然いないです。2週間前からずっとこの待機室に住んでいるみたいな感じで、なにもすることがなかった。だから、誰かと話せてうれしいです」

専業デリヘル嬢の舞ちゃんは徳島県で“出稼ぎ中”だった。(続く)

----------

中村 淳彦(なかむら・あつひこ)
ノンフィクションライター
1972年生まれ。主著に『名前のない女たち』『ワタミ渡邉美樹 日本を崩壊させるブラックモンスター』など。新潮新書『日本の風俗嬢』は1位書店が続出してベストセラーに。

----------

(ノンフィクションライター 中村 淳彦)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング