23歳元アパレル店長が「2年間1日も休まず風俗で働く」ワケ

プレジデントオンライン / 2020年7月9日 11時15分

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/romkaz

東京・歌舞伎町のホストクラブで新型コロナウイルスへの感染が相次いでいる。そうしたホストクラブでは客の多くが風俗嬢だという。彼女たちはなぜ体を売ってまでホストに通うのか。ノンフィクション作家の中村淳彦氏が取材した——。(第2回/全3回)

※本稿は、中村淳彦『新型コロナと貧困女子』(宝島社新書)の一部を再編集したものです。

■「風俗で稼げよ」ホストの一言で店長を辞めデリヘル嬢に

専業デリヘル嬢の舞ちゃん(仮名・23歳)は徳島県で“出稼ぎ中”だった。

出稼ぎとは東京や大阪など都市部の風俗嬢が期間を決めて地方風俗店で働くこと。また地方の風俗嬢が都市部の風俗店で働くことをいう。地方の風俗街やデリヘル、また違法風俗店は、地元の女の子だけでは人手が足りない。

スカウトマンを通じて全国から働く女性を集める。地方への出稼ぎは競争が少なくて都市部より稼げる、集中して働ける、お金を使わない、といったメリットがある。またアウェーの地で誰にもバレずに働けるという安心感もある。

「寮費の一日3000円がもったいないので待機所に泊まっています。待機室はガスが通ってなくて、お風呂はネットカフェです。風俗嬢になったのは2年前ですね。好きになったホストに『東京に来て風俗で稼げよ』って言われたから。それで東京に出てきてデリヘルで働きながら、毎月どこかしらに出稼ぎに行っています」

寮とは出稼ぎ先での寝泊まり場所で、寮に泊まるかずっと待機所にいるかを選択する。ワンルームのアパートで一日3000円が相場、10日間の滞在だと3万円かかることになる。

舞ちゃんは地方出身者で、ある都市でアパレル店の店長だった。店長職でも給与は安く、手取りで月20万円程度。3年前、友達に誘われて地元の繁華街のホストクラブに行った。華やかですごく面白かった。そして2年前、東京に旅行して歌舞伎町に行った。風林会館前で当時ホストになったばかりの翼(仮名・23歳)に声をかけられた。好きになってしまった。

「昼職のときにホストに行くようになって、風俗と掛け持ちするようになりました。地元のときはそこまでホストにハマることはなくて、給料を全部使っちゃうくらい。歌舞伎町で好きになったホストは、翼っていうんですけど、最初会ったときは新人だったんです。翼に『昼職を辞めて東京に来て風俗やって稼いでほしい』って言われて、本当に昼職を辞めて東京に来ました。東京に来てから専業でデリヘルです。ホストに行く以外は、ずっと働いています」

いま(2020年4月)は全国で非常事態宣言が出されている。徳島県も東京や大阪と同じで街は閑散とし、お客さんはまったく来ないようだ。24時間体制で待機し、1人か2人つけばいいほうだという。2週間近く待機室に24時間籠もっている状況で、誰かと話したかったのか、声は明るく言葉は流暢だった。

■「ホストってジャニーズより面白い」

歌舞伎町のホストに行くためだけに、歌舞伎町の翼に貢ぐためだけに昼職を辞めた。故郷を離れてずっとカラダを売っているのが現状だ。どうして、そこまでするのだろうか。

「学生のときにジャニーズが好きだったの。SixTONESの京本(大我)。妹もジャニオタだったけど、私は趣味にのめり込むタイプで。ずっとHey!Say!JUMPが好きでコンサートのいい席を買うんです。昔は席が発券の時点でわかるので、いい席を買えるまで15万円とか使う。だから、最初ホストは安いと思った。3万円くらいだったから。最初は楽しみとして週に1度くらい。イケメンとお酒が飲めるのが楽しかった。ジャニーズはしゃべれたり、隣に座ったりがない。ホストってジャニーズより面白いと思いました。ホストはカッコいいし、好き。それで翼と会ってから本格的にお金を使うようになりました」

ホストクラブではホストを客同士で取り合う。ホストはお金を使う女性ほど優しくして重宝するので、「どれだけお金を使うか」という競争が始まる。

「シャンパンを入れた。ほかの客に負けたくないって。お金を使う人が大事にされるから。それで風俗を本格的に始めました。使うお金は月100万円とか130万円とか。東京出てきて最初にシャンパンを入れたら、翼にすごく喜ばれた。ありがとうって、泣いてくれた。だから本当はすごく苦しいんだけど、使うお金を下げて失望されるのが怖かった」

東京では家賃5万円のアパートに住んでいる。家賃や食べ物をギリギリまで切り詰め、光熱費や携帯代以外はすべてホストに使っている。

■2月中旬突然客が減り、稼ぎは6割減

好きな翼に勧められて風俗嬢になった。翼を通じて池袋のデリヘルを紹介された。ホストにお金を使うこと、そのお金を稼ぐことが東京生活の最優先事項だ。まったく休むことなく、デリヘルに出勤した。そして、出稼ぎのほうが効率がいいことを知った。この1年間は、毎月1度は地方都市に行く。宇都宮、名古屋、愛媛、高松、秋田、岡山、静岡と、さまざまな場所で働いた。

東京に出てきて2年間、ほとんど一日も休むことなく、出勤し、男性客をとり続けている。

「コロナ前は1日5万円くらい稼げていました。池袋は毎日本番強要をされるので、けっこう大変。レイプされたことも一度や二度じゃないです。それでコロナが始まってからは外で会えるお客さんをつくるようにして、店を通さないで会うみたいなこともしています。2万~3万円をもらってホテルでエッチですね。何回も指名で来てくれるお客さんを直引きしていました」

突然、お客さんが減ったのは2月中旬だった。

「出稼ぎで愛知にいたとき、突然人がこなくなった。もともと2月って風俗は閑散期で、風俗嬢になって初めて保証割れになりました。それまで保証3万円だったのに愛知では一日2本、そのまま寮費一日3000円を引かれて1万5000円くらいしか残らなかった」

風俗は完全出来高制である。出稼ぎの場合、女の子はその地方の店でいくら稼げるのかわからない。保証とは受け入れる風俗店側が一日の最低賃金を掲げる金額だ。スカウトを通じてOKが出れば、寮の使用や往復の交通費といった費用の諸条件を決めて出稼ぎに行く。

「2月中旬から持って帰れるお金が減った。通常だったら4万円、5万円が普通。出稼ぎだと新人目当ての人がつくので稼げるんです。で、3月の出稼ぎが飛びました。金沢に行くつもりで決まっていたけど、前日になって店からキャンセルされた。突然、行けなくなりました。3万円の保証はとても出せないって。コロナになってから池袋での稼ぎは6割減くらい、出稼ぎも保証が1万5000円とか。だから、3月はずっと働いても50万円しか稼げなかった」

■シャンパンタワーのために闇金から30万円

2月の収入は80万円、3月は50万円。100万~130万円稼いでいたコロナ以前とくらべるとまさに激減となった。50万円稼げれば十分じゃないかと思うが、舞ちゃんは翼にお金を落とすためだけに働いている。

「1日も休まないで一日中働いて50万円です。稼げないなんて翼には絶対に言えない。3月末に翼のイベントがあったんです。ホストクラブの昇格祭。翼は幹部補佐から主任に上がった。シャンパンタワーを頼まれていて、楽しみにしているって。150万円がどうしても必要だった。一日も休まないで眠らないで働いたのに、全然足りなかった。どうしようってなって、闇金から30万円を借りました。25万円を2回返す契約でした」
「ホスト行けないなら死にます。だからコロナは怖くない」

24時間体制で待機しても、シャンパンタワーのお金は稼げなかった。焦って消費者金融をまわった。アコム、アイフル、プロミスと大手すべてに打診したが、職場の電話番号が書けないことで断られた。闇金に手を出した。

■コロナでもどうしても月100万円以上のお金が必要

「翼にそんなこと言ったらがっかりされる。稼げないって思われたり、扱いが悪くなったりするのは絶対に嫌。でも、4月に入ってからは出稼ぎ保証3万円なんてとても出せないって店ばかり。いまの徳島県は保証なしです。今日は1人しかついてないから稼いだのは1万円だけ。寮に泊まったらもう赤字です」

コロナで全国の繁華街が壊滅状態になり、徹底的に稼げなくなったという。LINEにある小さな写真を眺めるかぎり、舞ちゃんはかわいらしい23歳だ。そんな子が24時間体制で働いても50万円しか稼げない。

「ホストに行くのをやめるとか? それだけはありえません」

語気を強めて言う。一般的には減収分の支出を減らせばいいだけだが、彼女は生活のためではなく、翼のために働いている。どうしても月100万円以上のお金が必要で、コロナ以降、無理して働き続けて結果が出ないことで少し病んでいるようだった。

■「ホスト行けないなら、翼に幻滅されるなら、死にます」

「風俗やめたからって月100万円以上稼げる仕事なんてないし、コロナでどうなってもこのまま続けるしかない。ホスクラに行かないとか絶対ないです。私、友達も家族もいない。翼しかいないんです。風俗のことを隠すのが面倒くさくて、お母さんに話した。縁を切られました。娘が風俗嬢なんて嫌じゃないですか。だから私も親と縁を切りました。お母さんは妹に悪影響を与えるって。それでいいと思いました。隠しているのが嫌だったし。だから、自分から失望させたほうがいいかなって」

月100万円以上稼ぎ、翼に幻滅されないようする“コロナ対策”は、まだなにも浮かばない。稼げない恐怖、ずっと待機する苦痛に耐えながら時間ばかりが過ぎていく。

「東京に来てからずっと働いているので、東京に友達はいないです。つないでくれた鈴木(樹里)ちゃんは、たまたま同じ店の常連ってだけ。本当に私、翼しかいない。ホスクラしかないんです。だから、やめられない。依存です。わかっています。でも、やめようとは思えないし、帰るところもないし。ホスト行けないなら、翼に幻滅されるなら、死にます。だからコロナとか怖くないんですよ」

舞ちゃんの話は終わった。お礼を言ってLINE電話を切った。Tビルがすぐ目の前に見える場所での電話だった。あの鉄製の扉を乗り越え、飛び降りる女の子の気持ちが少しだけ理解できた。

----------

中村 淳彦(なかむら・あつひこ)
ノンフィクションライター
1972年生まれ。主著に『名前のない女たち』『ワタミ渡邉美樹 日本を崩壊させるブラックモンスター』など。新潮新書『日本の風俗嬢』は1位書店が続出してベストセラーに。

----------

(ノンフィクションライター 中村 淳彦)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング