GFI Software社のハイエンドセキュリティ部門が分社独立。 国内ではネクスト・イット社が独占販売を継続

PR TIMES / 2013年3月25日 10時10分

企業の持続型標的型攻撃対策に専念するThreatTrack Security社を設立。 国内ではネクスト・イット社が独占販売を継続

本日、2013年3月25日、ネクスト・イット株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:仲西 敏雄、以下ネクスト・イット)は、先進のマルウェアがもたらす脅威の検出、分析、問題修復を専門とする企業として、2013年3月18日に設立されたThreatTrack Security社 (スレット トラック セキュリティ、本社:北米フロリダ、最高経営責任者:ジュリアン ウェイツ)の日本国内における独占販売代理店として、これまで通り、同社製品TreatAnalyzer (旧GFI Sandbox)、TreatIQ (旧GFI ThreatTrack)、およびVIPRE*の販売、サポートを継続して行うことを発表しました。

ThreatTrack Security Inc.は、これまでGFI Software社 のハイエンドセキュリティビジネス部門で事業を行なってきましたが、先進のマルウェア対策事業に専念するために先日独立しました。世界各国の大手企業、政府関係機関、中堅・中小企業が導入している従来のサイバー防御を突破するよう意図された、APT持続型標的型攻撃、標的型攻撃、その他の巧妙なマルウェアが存在するなかで、ThreatTrack Security社では、企業がこれらの攻撃やマルウェアを識別し阻止するための支援を行っています。

ネクスト・イットの仲西敏雄は次のように述べています。「私どもは、今回のThreatTrack Security社の分社独立を歓迎しています。同社は、ハイエンドのマルウェア対策ソリューションの開発に特化した企業として独立しました。進化し多様化する顧客のセキュリティニーズに今まで以上に迅速に対応することが可能になるでしょう。」仲西はさらに続けます。「今日、企業には、マルウェアの防御に対する新しいアプローチが必要です。世界に目を向ければ、金融や航空、医療、テクノロジー、石油、ガス開発などに携わる世界規模の競争力をもつさまざまな企業が APT や他の複合型マルウェアの攻撃を受け、自社のネットワークや知的所有物の保護に頭を悩ませています。ところが、国内の多くの企業には、ATPなど、新型マルウェアの攻撃を受けていないかを正確に知るために必要なツールさえないのが現状です。このような状況にあって自社のサイバーセキュリティの備えを今すぐに強化したいと考える企業を支援するために開発されたのが、ThreatTrack Security社の製品なのです。ThreatTrack Security社 は、今後、数か月以内に新たな製品ロードマップを公開します。このロードマップに基づく製品供給を重ねていくことにより、既存のセキュリティソリューションはさらに強化され、企業のサイバー防御は、ますます強靭でセキュリティ性の高いものになるでしょう。」と仲西は結んでいます。
*VIPREの取扱い開始時期につきましては後日別途ご案内いたします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング