「ザ・リッツ・カールトン沖縄」 2012年5月28日(月)開業決定

PR TIMES / 2012年2月10日 14時24分



ザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニーL.L.C.(本社:米国メリーランド州)は、「ザ・リッツ・カールトン沖縄」(所在地:沖縄県名護市喜瀬1343-1、総支配人:吉江 潤)を2012年5月28日(月)に開業いたします。

リッツ・カールトン・ホテル・カンパニーにとって、この開業は日本国内で初めてのリゾートホテルであり、既存ホテルからのコンバージョン(転換)プロジェクトとなります。

「ザ・リッツ・カールトン沖縄」は、琉球のシンボルとなっている“首里城”の赤瓦と白い城壁、また古来より“聖地”とされ崇められてきた水の湧き出る場所をモチーフとしています。琉球での城とは、訪れる人を温かく迎え入れる場所を指し、「城(グスク)」と呼ばれます。古くより礼を重んじ礼を守ってきた琉球の人々が大切にしてきたおもてなしの心「迎恩(ケイオン)」の精神を具現化した「城(グスク)」にて、お客様をお迎えいたします。

「ザ・リッツ・カールトン沖縄」は、美しい自然に囲まれたエクスクルーシブな空間で、静けさと豪華さを併せ持つエレガントなオアシスとなることを目指します。

客室は全97室。客室からは、東シナ海・名護湾と本部半島の美しい景観をご覧いただけます。最大4名宿泊可能なゆったりしたスイートルームは2室。テラスにはジャグジーとソファースペースを有し、最上階からの広大なパノラマをお楽しみにいただけます。屋外プールに面したカバナルームは8室。ジャグジーとデイベッドを備えており、自然の光と風を感じながらお寛ぎいただけます。

レストラン施設には、イタリアンレストラン “ちゅらぬうじ”、鉄板焼きレストラン “喜瀬”、オールデイダイニング “グスク” を有し、極上の料理をご堪能いただけます。
その他、バーやライブラリーも完備しており、時を忘れお過ごしいただけます。

また、ホテル棟とは別棟となる “ザ・リッツ・カールトンSpa & Fitness by ESPA” では、10室のトリートメントルームと風化珊瑚タイル岩盤浴、フィットネスジム、屋内プールを備え、優雅で贅沢な、そしてトータルなスパ体験をご提供いたします。

さらに、ホテルに隣接する喜瀬カントリークラブは18ホールから成るチャンピオンシップコースで、海を見下ろしながらのゴルフプレーをお楽しみいただけます。

「ザ・リッツ・カールトン沖縄」は、琉球時代から継承されるおもてなしの心と、「ザ・リッツ・カールトン」ブランドの伝説的なサービスで、心からお寛ぎいただける至福の時間をご提供いたします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング