グローバル支援拡大へ・スキーチーム英語サイト開設

PR TIMES / 2012年2月17日 16時14分

トリノ・バンクーバーオリンピック代表の恩田祐一選手(クロスカントリー
スキー)と、9年連続全日本チャンピオンの堀江守弘選手(スキーオリエンテ
ーリング)が所属するアークコミュニケーションズスキーチームは、スキー
チームの英語版サイトを公開しました。
英語で情報を積極的に発信し、競技支援や選手応援のグローバル化を図る、
新しい試みとなっています。

【これまでの取組】
株式会社アークコミュニケーションズは、マイナー競技選手の育成・支援と
裾野拡大を目的とし、2011年8月に「アークコミュニケーションズスキーチー
ム」を設立。
10月にクロスカントリースキーの恩田祐一選手のスポンサー支援をスタート
し、12月にはアークコミュニケーションズスキーチームファンクラブとマイ
ナースポーツの支援コンソーシアム(注1)を設立。
ベンチャー企業ならではの特色を活かした新しいスポーツ支援のカタチを模
索しています。

【英語サイト制作の背景】
マイナースポーツの応援・支援は出身地との結び付きによるものが多く、特
に国境を越えた支援活動はほとんど見られないのが現状です。
日本での知名度はそれほど高くない恩田選手ですが、クロスカントリースキ
ーが盛んな北欧では、実は知名度が高く、ファンも多数存在しています。
しかし、このような海外のファンが直接恩田祐一選手を支援できる場はあり
ませんでした。
アークコミュニケーションズでは、日本のマイナー競技でも、その競技が盛
んに行われている海外の国や地域のファンを取り込む場を作ることが、マイ
ナー競技支援の一助になると考え、この度スキーチームのWebサイトを英語化
し、国境を越えた支援や選手応援ができる受け皿を用意しました。
今後はウィンタースポーツが盛んな国や、ウィンタースポーツが注目されは
じめている中国・韓国など、近隣諸国への告知活動を増やしていきます。

【今後の展開と英語サイト紹介】
実業団としては珍しい、アークコミュニケーションズスキーチームの英語版
サイトでは、日本語と英語における情報格差をなくし、Webサイト上での情報
提供はもちろん、スポンサーの募集、ファンクラブへの入会、メルマガの配
信など、全て英語対応しております。
また、アークコミュニケーションズでは、44ヶ国語に及ぶ言語サイト制作の
実績から、今後は韓国語や中国語(簡体字・繁体字)など、多言語サイト化
することも構想に入れています。

こうした活動から、グローバル規模での支援が広がり、マイナースポーツ振
興の活性化が進むことを、私たちは期待しております。
アークコミュニケーションズスキーチームの英語版Webサイトは、こちらの
URLからご覧いただけます。
http://www.arc-c.jp/eng/ski

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング