子どもを産みたい既婚女性、2人に1人が「欲しいのに、できない」 6割が、不妊を心配しつつも「具体的な対策はできていない」 専門家が語る「骨盤のゆがみ」と「不妊」の関係性とは・・・

PR TIMES / 2012年4月17日 13時31分



女性向けのコスメティック商品やフィットネス商品を販売する株式会社コニー(本社:大阪市中央区、代表取締役:坂本一樹)は、既婚で子どものいない女性1,000名に対して「不妊に関する意識・実態調査」を実施いたしました。調査結果からは、多くの女性が不妊を心配する一方で、不妊治療には踏み出せていない女性たちの実態が明らかになりました。また今回、「妊活」のサポートなどもおこなっている、人気サロン「芦屋美整体」の副院長・納富亜矢子氏にコメントをいただきました。

【調査概要】
・調査対象:25~39歳 既婚で子どものいない(※出産未経験)女性 1,000人
・調査期間:2012年2月3日~2月7日
・調査方法:インターネット調査


■出産希望の既婚女性の2人に1人が「欲しいけれども、できない」
         
まず最初に、「あなたは現在、子どもを産みたいと思いますか?」と聞いたところ、70%が「産みたい」と回答しました。子どものいない既婚女性の多くは、本当は子どもが欲しいと思っているようです。ちなみに、「子どもが欲しいと思う時はどんな時ですか?」と聞いてみると、「親や祖父母に自分の子供を抱かせてあげたいと思った時。(26歳・大阪府)」、「可愛い子供を見た時。(38歳・北海道)」、「家族と将来についての話をしている時。(36歳・東京都)」などの回答があがりました。

また、現在子どもを産みたいと考える女性に対して、「出産に踏み切っていない理由は何ですか?」と聞くと、「欲しいけれどもできないから」という回答が最も多く、49%にのぼりました。既婚女性の約半数は、子どもが欲しいと思いながらも、なかなか授かることができずにいるようです。


■「子どもができないのではと心配したことがある」・・・6割が回答

そこで、「これまでに、子どもができないのではないかと心配したことはありますか?」と聞いたところ、「心配したことがある」と回答した人は63%と、約6割にのぼりました。また、「子どもができないのではと心配し始めた時期」について聞くと、平均で「29歳」という結果に。30代を目前にして、不妊の心配をし始める女性が多い様子がうかがえます。

さらに、「今後も子どもができないのではないかと心配していますか?」という質問についても、51%と約半数が「心配している」と回答。しかしその一方で、「子どもができないのではという心配に対して、何か具体的に対策・実行をしていることはありますか?」と聞くと、59%と約6割が「ない」と回答しました。不妊を心配しつつも、具体的な対策ができていない女性が多いようです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング