東北・三陸鉄道の復旧を通じて、三陸地方の復興を支援する 「キット、ずっとプロジェクト」 2012年3月5日(月)発足

PR TIMES / 2012年3月5日 13時16分



===========================================================
東北・三陸鉄道の復旧を通じて、三陸地方の復興を支援する
「キット、ずっとプロジェクト」 2012年3月5日(月)発足
===========================================================

 「キット、ずっとプロジェクト」実行委員会は、2012年3月5日(月)に「キット、ずっとプロジェクト」を発足させ、東日本大震災により大きな被害を受けた東北・三陸鉄道の復旧を応援するとともに、三陸地方の復興を支援する活動を行います。

----------------------------------------------------------
「キット、ずっとプロジェクト」の目的・活動内容について
----------------------------------------------------------
 本プロジェクトの活動は、すべて地域住民の方々と一緒に企画・実行されます。日本国内はもちろん、三陸鉄道の存在と魅力を世界に向けて発信することで、認知拡大及び、さらなる観光振興を中心とした沿線地域全体の活性化を図ることを目的としています。

◆活動予定
1.2012年3月5日 (月)三陸鉄道、及び三陸地方の魅力を伝えるメッセージムービーを世界に向けて配信。
           Facebook(R)を通じ、応援メッセージを募集。
2.2012年3月11日(日)JR新橋駅前SL広場が「さんてつ広場」に。物産展とギャラリーを展開。
3.2012年4月1日 (日)三陸地方に一足早い春を届けるサクラのラッピング駅舎&車両が登場。

◆関連サイト
「キットカット」ホームページ:http://www.nestle.jp/brand/kit
キットカットニッポンFacebookページ:http://www.facebook.com/kitkat.japan


---------------------------------------------
「キット、ずっとプロジェクト」発足の背景
---------------------------------------------
 三陸鉄道は、1984年に第3セクターとして営業を開始して以来、地元の足としてはもちろん、ユニークな列車やグッズ、イベント企画などのサービスにも力を入れており、全国各地からの観光客を呼び込むことで地域に貢献してきました。
 しかし、東日本大震災によって線路や駅舎を失い、現在一部区間のみでの運行を強いられています。特に北リアス線は地元の高校生にとって大切な通学の足となっており、震災後、地元の高校生は、下宿やバスでの長時間通学を余儀なくされています。三陸鉄道のすべての復旧は2014年までかかるものの、新入学・新学期に間に合わせたいという思いから、毎年4月に被災区間を順次復旧開通させていく目標を掲げています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング