英語学習コミュニティサイト「myBerry(マイベリー)」、サービス開始 ~英語情報・学習コンテンツの配信×SNSで継続的な学習をサポート~

PR TIMES / 2012年5月15日 16時10分



このたび、株式会社ベリー(本社:東京都港区、代表取締役社長 槇島 俊幸)は、英語・英会話学習者のためのコミュニティサイト「myBerry(マイベリー)」(http://berry.jp)の運営を開始します。


■インターネット利用者の増加を受けてSNS市場も成長傾向が続いています。英語に関するSNSサイトも存在していますが、myBerry(マイベリー)では“解決する”“学習する”“継続する”をテーマに英語・英会話学習者をサポートするため、英語学習・情報に特化したポータルとSNS機能を統合しワンストップで提供します。英語学習者にとっても利便性が高く、より充実した学習が可能になります。

“解決する”では、学習者が英語に関連した情報を得ることができ、学習する上で疑問に思った事を解決できます。学習方法・資格・教材・スクールなど311種類のカテゴリにわかれた情報ページ「About English」と、英語に関する疑問を直接質問できるコーナー「Q&A」により学習をサポートします。

“学習する”では優れた教材により、効率の良い学習ができます。英語学習のみならず新たな気づきや知識が得られる学習コーナー「StudyLife」にて世界中から厳選した英語素材を配信します。

“継続する”では、情報を共有しながら学習者同士がつながることができ、英語学習が続く為の機能を提供します。同じ目標や興味のあるトピックでつながることができるコミュニティ「Groups」と、学習内容を記録し進捗を確認できるブログ「EnglishLog」を設け、学習者は他のメンバーの学習方法を参考にしながら自身の学習方法を確立できます。



■英語・英会話の必要性が高まるにつれ、英会話スクール、資格試験などの専門学校や英語塾へ通うビジネスパーソンや学生が増えています。また教材を購入し、独学で学習を進める英語学習者も少なくありません。とりあえずスクールに通ってみた、本屋さんで人気の高い学習参考書を購入して学習をスタートしてみたけれども、なかなか上達しない、長く続かないなどそんな経験をした人は少なくないはずです。その根本には学習者の「何をどのように学習したらいいかわからない」という悩みがあると考えています。

・TOEICで目標の点数に到達したいけれど、学習方法がわからない。
・自分がどのレベルで何を勉強すれば、英語が話せるようになるかわからない。
・どのような学習教材を買って良いのかわからない。
・どこの英会話スクールに入れば良いのかわからない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング