九州からオリーブライフを提案する「AVILO(アビーロ)」が4月21日、22日開催のオリーブをテーマにした日本初の総合イベント「オリーブジャパン 2012」に出展及びコンテストに参加いたします。

PR TIMES / 2012年4月19日 12時14分



株式会社九電工(住所:福岡県福岡市)が運営するAVILO(アビーロ)は、上質なオリーブオイルを中心に置き「オリーブの恵を全身にめぐらせ、もっと美しく、自分らしく、輝いていける毎日を。」をテーマに、オリジナルのオリーブオイルやコスメ商品・バスアメニティ・生活雑貨・フード・苗木まで、幅広く展開するライフスタイル提案型ブランドです。
今回AVILO(アビーロ)は、「オリーブジャパン 2012」に出展及びオリーブオイルコンテストに参加いたします。


■オリーブジャパン 2012開催概要(http://olivejapan.com/

名称: OLIVE JAPAN 2012(オリーブジャパン 2012)
内容: オリーブをテーマとしたワールドマルシェ型の複合イベント
国際エキストラヴァージンオリーブオイルコンテストを同時開催
日時:  2012年4月21日、22日
主催: OLIVE JAPAN 2012実行委員会
一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会
会場: 二子玉川ライズ ガレリア及び近隣商業施設
東京都世田谷区玉川2-21-1


■AVILO(アビーロ)の取り組み(http://www.avilo.jp/

・なぜ九電工がオリーブオイルなのか
地域発展なくして自社の発展はないと考え、地域振興、また国の課題とする一次産業振興に取り組みたいと考え、天草がオリーブ栽培に適している気候でもあることから耕作放棄地を借用しオリーブの栽培を始めました。

・上質なオリーブオイルの確保
イタリアトスカーナ地方でオリーブ農場を経営しオリーブオイルの専門家であるドゥッチョ氏から、良質で付加価値の高いエクストラ・バージンオリーブオイルを輸入しています。
さらに、日本オリーブオイルソムリエ協会認定のオリーブオイルソムリエ(アビーロ専属)が、食用としても、日本人の好みにあった上品な味わいのものを選定しています。

・オリーブオイルの研究
良いオリーブオイルを獲得するには、オリーブそのものを熟知しないと始まらないと考え、熊本県天草市の自社オリーブ園にて研究員を常駐させ、オリーブを栽培、研究しています。
ドゥッチョ氏はこのオリーブ園での栽培・搾油指導も行なっています。

・販売
オリーブオイルの特性を活かしたオリジナル商品、コスメ商品・バスアメニティ・生活雑貨・フードを、直営店「AVILO_FUKUOKA」(福岡市中央区大名1-13-18)とオンラインショップで販売しております。(http://www.avilo.jp/store/)
オリーブの持つ保湿成分やエイジング成分を活かし、また、それぞれの商品に6種類の香りのバリエーションがあります。


■ブランドコンセプト

~オリーブの恵を全身にめぐらせ、もっと美しく、自分らしく、輝いていける毎日を。~

古代ではヒポクラテスやクレオパトラが、寵愛したといわれるオリーブには、ポリフェノールをはじめとした抗酸化成分や、肌や髪のうるおいに欠かせないオレイン酸やスクワラン、そして各種ビタミン類など、美容や健康、そしてエイジング対策にうれしい成分が豊富に含まれています。わたしたちは、そのオリーブの恵を、毎日の暮らしの中で、心地よく満たされた時間とともにとり入れていけるアイテムづくりにこだわりました。使う度に、ほんのちょっぴりでも幸せになれる。笑顔になれる。そして美しくなれる。そんな時間のつみ重ねをおてつだいします。さあ、あなたの中に眠る、輝ける可能性を目覚めさせる毎日を、アビーロとともにはじめませんか?




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング