紫外線による、「日焼け」・「しみ」・「乾燥」・・・気になる夏の肌トラブル 紫外線対策は、女性の8割が「外側からのケアのみ」! 今年の夏は、「ビタミンC」で、“カラダの内側”からも紫外線ダメージをケア

PR TIMES / 2012年5月28日 17時43分



武田薬品工業株式会社(代表取締役社長:長谷川 閑史)は、25~39歳の女性500名を対象に、「夏の肌」に関する意識調査を実施いたしました。
本調査からは、夏に紫外線のダメージを気にする女性たちの意識や、“カラダの外側”からの紫外線対策はできていても“カラダの内側”からの対策には手が回っていない実態が明らかになりました。
また今回、 “カラダの内側”からの紫外線対策として有効と言われる「ビタミンC」に関して、その効果や摂取のポイントを佐賀大学名誉教授・村田晃先生にお伺いしました。


■日焼け、しみ、乾燥・・・「夏は肌トラブルが気になる」、女性の9割が回答

まず最初に、25~39歳女性の、「夏」の肌事情について調査をおこないました。
「夏は他の季節に比べて肌トラブルが気になりますか?」と質問すると、88%と約9割が「気になる」と回答。
また、「夏に気になる肌トラブルはどのようなものですか?」と聞くと、「しみ」(61%)、「日焼け」(57%)がそれぞれ半数を上回ったほか、「乾燥」という回答も34%にのぼりました。
また、「肌トラブルが気になる理由」としては、「紫外線の量が増えるため」(80%)、「肌を露出する機会が増えるため」(54%)などが上位に。
夏は、「紫外線の量」も、それを「直接浴びる機会」も増えることで、他の季節以上に肌トラブルが気になる女性が多いようです。
ちなみに、「紫外線対策・ケアをするのは何月ですか?」と複数回答で聞くと、「7月」(91%)、「8月」(92%)については、それぞれ9割以上の女性が紫外線対策をしているという結果に。
また、「5月」(69%)、「6月」(77%)という回答も7割前後となり、本格的に夏が始まる前から紫外線を気にしている女性も多いようです。


■女性たちの紫外線対策の実態、「“外側”からのケアのみ」が約8割

女性たちは具体的にどのような紫外線対策をしているのでしょうか。
紫外線対策をしている女性に具体的な対策方法を聞いたところ、「日焼け止めを塗る」(91%)が最も多く、以下、「小物や衣類で気をつける」(66%)、「UVカット効果のある化粧品を使う」(62%)、「美白効果が期待できるスキンケア製品を使う」(35%)など、“カラダの外側” からのケアが上位にあがりました。
一方で、「美白効果が期待できる食品を摂る」(13%)、「美白効果が期待できるサプリメントや健康食品を摂る」(11%)、「美白効果が期待できるドリンク剤を飲む」(9%)など“カラダの内側” からのケアは、それぞれ1割前後にとどまるという結果に。
「紫外線対策」をしている女性は多いものの、そのほとんどが“カラダの外側” からの対策のみで、“カラダの内側”からの対策までは手が回っていないようです。
実際に、紫外線対策をしている人のうち、「“カラダの内側”からケアができている人」は21%にとどまり、「“カラダの外側”からのケアしかしていない人」が79%と大多数となりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング