アスプレイとクリス・レヴァインのコラボレーション 「ザ・ダイアモンド・クィーン」

PR TIMES / 2012年6月7日 12時8分



エリザベスII世女王陛下ご即位60周年=ダイアモンド・ジュビリーを記念して絶大な支持を得ている照明デザイナー、クリス・レヴァインとラグジュアリーブランドのアスプレイが、クリス・レヴァインの女王陛下の肖像写真作品をベースに新しい試みを実現しました。それは1953年、女王陛下が戴冠式の際にお召しになられていた王冠をアスプレイが復刻させるというプロジェクトです。2004年、クリス・レヴァインがジャージー・ヘリテージ・トラストの依頼により発表した女王陛下の肖像写真作品「エクアニミティ(平静)」にコラージュされた王冠をアスプレイのジュエリー職人達の手により千個のダイアモンドとプラチナ台で復刻製作。女王陛下戴冠60周年の記念すべき年を飾るに相応しい輝きを
まさに立体的に表現することに成功しました。

王冠の復刻は実に1年以上前のデザイン段階からオリジナルに忠実に進められ、芸術的な技巧を結集し、王冠の土台となる長方形のプラチナプレートのソーシングから、王冠の重要な意匠であるスコットランド国花のアザミ、ブリテン国花のバラ、そしてアイルランド国花であるシャムロックを慎重にエングレーヴ。製作に携わる職人達の気の遠くなるようなセッティング作業により15種類もの大きさの異なる合計千個のダイアモンドが散りばめられました。仕上げとして25個のフレッシュウオーターパールが小さいものから大きいものまでグラデーションに並べられ、プラチナ製ネジで固定、最後に3.74カラットのイエローダイアモンドが王冠のセンターに取り付けられました。また王冠の裏側にはプラチナであることを証明するホールマークとダイアモンド・ジュビリーを記念する特別な印が刻まれています。

アスプレイ職人の類まれなる技術がクリス・レヴァインの指揮の元でオリジナルの王冠と寸分たがわない精巧さを獲得した瞬間です。

このコラボレーションは「ザ・ダイアモンド・クィーン」と名づけられ、この王冠は、ダイアモンド・ジュビリーである本年6月の一か月の間、匿名入札により競売にかけられます。そしてそれによる収益は女王陛下が運営されている二つのチャリティ団体、ウッドランドトラストとQESTに寄付されます。このプロジェクトはアスプレイの長年にわたるジュエリー職人技の蓄積の賜物であるのみならず、照明をアートの領域にまで高めた英国で最も尊敬されている芸術家のひとりであるクリス・レヴァインの名声を更に強固にすることでしょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング