日本橋に蘇る江戸の涼を体感するイベント 「ECO EDO 日本橋 2012 ~心で結ぶ、日本の涼~」 2012年7月6日(金)~8月26日(日)日本橋地区で開催

PR TIMES / 2012年6月15日 14時45分



■ECO EDO日本橋 実行委員会および名橋「日本橋」保存会は、日本橋地区において、7月6日(金)から8月26日(日)まで「ゆかたと涼」をテーマとした夏の
参加型イベント「ECO EDO日本橋 2012 ~心で結ぶ、日本の涼~」を開催する運びとなりました。

■昨年から引き続き節電の意識が高まる中、電力の恩恵がなかった江戸時代の暮らしから学ぶことは多く、浴衣姿での夕涼みや打ち水、川遊びや桟敷から眺める花火大会など、大勢の人々が涼しい場所へ赴いて、楽しみながら涼をとる知恵や工夫を生活に取り入れていました。本イベントでは、 江戸の中心・日本橋の街をあげて、江戸の暮らしや知恵をヒントに、浴衣姿等で楽しみながら参加できる各種イベントを行います。

■本イベントは環境省が推進する『チャレンジ25キャンペーン』の一環である『クールシェア』と 連動して行われます。江戸時代から賑わいの中心地であり、現代まで続く老舗が数多く集まる 日本橋地域の100店を越える店舗が、自宅のエアコンを消して浴衣姿で涼しい場所をシェアする 『クールシェア』に一丸となって取り組むことで、日本橋らしいエコを発信してまいります。

【「ECO EDO 日本橋 2012 ~心で結ぶ、日本の涼~」 主なイベントおよび連携イベント】

◆日本橋の涼を訪ねる 「クールシェア日本橋 ~ゆかた・涼特典~」(7月6日~8月26日) 老舗店舗を含む107店舗で、浴衣着用、もしくは団扇、扇子、日傘のいずれか一品を持参した方に、 ワンドリンク無料や涼アイテムプレゼントなど限定サービスを提供します。

◆涼を呼ぶ江戸時代の知恵 「橋の日 打ち水大作戦」(8月4日) 橋の日(8/4)にちなみ、「日本橋」上で「東京きものの女王」をはじめとする浴衣姿の女性らによる 打ち水を実施。当日は、無料で浴衣の着付け・着直しが受けられる「ゆかたステーション」も設置し、日本橋を浴衣姿で散策いただけます。

◆川風を感じながら伝統の食事を堪能 「クールスポット両国広小路桟敷」(7月17日~8月12日) 1733年(享保18年)から隅田川で川開きが行われていた場所、両国広小路跡(両国橋西詰)にて、 かつての両国桟敷を再現する「両国広小路桟敷」を期間限定でオープン。8月1日~9日は老舗 「玉ひで」、「人形町今半」も出店し、隅田川の涼風を感じながら江戸の味をご堪能いただけます。

(連携イベント) 夏の風情、街にあふれるゆかた姿「七夕ゆかたまつり/ゆかたで歩こう 日本橋」(7月6日)
‘東京きものの女王’や浴衣姿の参加者が中央通りを歩きながら、「日本の夏の涼」を演出します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング