日本橋に蘇る江戸の涼を体感するイベント 「ECO EDO 日本橋 2012 ~心で結ぶ、日本の涼~」 2012年7月6日(金)~8月26日(日)日本橋地区で開催

PR TIMES / 2012年6月15日 14時45分



■ECO EDO日本橋 実行委員会および名橋「日本橋」保存会は、日本橋地区において、7月6日(金)から8月26日(日)まで「ゆかたと涼」をテーマとした夏の
参加型イベント「ECO EDO日本橋 2012 ~心で結ぶ、日本の涼~」を開催する運びとなりました。

■昨年から引き続き節電の意識が高まる中、電力の恩恵がなかった江戸時代の暮らしから学ぶことは多く、浴衣姿での夕涼みや打ち水、川遊びや桟敷から眺める花火大会など、大勢の人々が涼しい場所へ赴いて、楽しみながら涼をとる知恵や工夫を生活に取り入れていました。本イベントでは、 江戸の中心・日本橋の街をあげて、江戸の暮らしや知恵をヒントに、浴衣姿等で楽しみながら参加できる各種イベントを行います。

■本イベントは環境省が推進する『チャレンジ25キャンペーン』の一環である『クールシェア』と 連動して行われます。江戸時代から賑わいの中心地であり、現代まで続く老舗が数多く集まる 日本橋地域の100店を越える店舗が、自宅のエアコンを消して浴衣姿で涼しい場所をシェアする 『クールシェア』に一丸となって取り組むことで、日本橋らしいエコを発信してまいります。

【「ECO EDO 日本橋 2012 ~心で結ぶ、日本の涼~」 主なイベントおよび連携イベント】

◆日本橋の涼を訪ねる 「クールシェア日本橋 ~ゆかた・涼特典~」(7月6日~8月26日) 老舗店舗を含む107店舗で、浴衣着用、もしくは団扇、扇子、日傘のいずれか一品を持参した方に、 ワンドリンク無料や涼アイテムプレゼントなど限定サービスを提供します。

◆涼を呼ぶ江戸時代の知恵 「橋の日 打ち水大作戦」(8月4日) 橋の日(8/4)にちなみ、「日本橋」上で「東京きものの女王」をはじめとする浴衣姿の女性らによる 打ち水を実施。当日は、無料で浴衣の着付け・着直しが受けられる「ゆかたステーション」も設置し、日本橋を浴衣姿で散策いただけます。

◆川風を感じながら伝統の食事を堪能 「クールスポット両国広小路桟敷」(7月17日~8月12日) 1733年(享保18年)から隅田川で川開きが行われていた場所、両国広小路跡(両国橋西詰)にて、 かつての両国桟敷を再現する「両国広小路桟敷」を期間限定でオープン。8月1日~9日は老舗 「玉ひで」、「人形町今半」も出店し、隅田川の涼風を感じながら江戸の味をご堪能いただけます。

(連携イベント) 夏の風情、街にあふれるゆかた姿「七夕ゆかたまつり/ゆかたで歩こう 日本橋」(7月6日)
‘東京きものの女王’や浴衣姿の参加者が中央通りを歩きながら、「日本の夏の涼」を演出します。


・ECO EDO 日本橋とは
2008年8月、名橋「日本橋」保存会や地元団体、企業などが中心となりECO EDO 日本橋 実行委員会を設立。「人と人、人と自然のつながりを大切にしていた江戸の人々の共生の精神を今に伝え、 日本橋ならではの新たなスタイルを創造し、発信するまちへ」としてECO EDO 日本橋 宣言を行いました。

【ECO EDO 日本橋 宣言】
江戸のまちに暮らす人々は、モノを大切に使い、 自然とも共生する知恵と技術で、循環型社会を実現していました。 持続可能な「平和」の時代を支えていたのは、 人と人とのつながりを重んじる心、 自分勝手なふるまいを慎み、自分も周りも気持ちよく暮らす生き方です。

雨の日、狭い路地ですれ違う時に傘を外側に傾ける「傘傾げ(かさかしげ)」もその一つ。 互いに濡れないようにという「思いやり」の気持ちと、 傘が破れないようにという「モノを大切に使う」気持ちがあります。

ECO EDO 日本橋とは、 そんな江戸のまちに息づいていた共生の精神をいまに伝え、 日本橋ならではの新たなスタイルを創造し、発信するまち。 人と人、人と自然のつながりを大切にする心で築いていく循環型社会。 新旧の知恵を生かしたまちづくりが、日本橋からはじまります。

・名橋「日本橋」保存会とは
天下の名橋であり、五街道の起点である「日本橋」が高速道路によって覆われ、美観が損なわれてしまったのは1963年のこと。この「日本橋」を蘇らせ、少しでも良い状態で後世に伝えたいと、1968年に本会が発足しました。現在は「橋洗い」など様々なイベントを通して、日本橋のPR活動を行っています。

・『クールシェア』とは
クールシェアは、多摩美術大学(東京都世田谷区)デザイン学科堀内チームのゼミで、「東日本大震災後の状況に対して、デザイナーは何ができるか」という問いかけに対して生みだされ、今夏の省エネの施策のひとつとして環境省が取り上げることになりました。
環境省では、6月1日から9月30日まで地球温暖化対策の一環として「スーパークールビズ」を推進しています。その取り組みの中のひとつ『クールシェア』では、一人一台のエアコン使用をやめ、涼しい場所をみんなでシェアすることを呼びかけています。家族で一つの部屋で過ごしたり、図書館やカフェ等で涼むことで、夏を快適に乗り切るだけでなく、家族や地域の絆も深めることができます。
(参考URL:http://www.challenge25.go.jp/practice/coolbiz/coolbiz2012/)

・三井不動産株式会社は日本橋地域の活性化と、新たな魅力の創造を目的とする官民地元一体の活動「日本橋再生計画」を推進しています。その一環として本イベントに特別協賛いたします。

<「ECO EDO 日本橋 2012 ~心で結ぶ、日本の涼~」実施詳細>

実施期間:2012年7月6日(金)~8月26日(日)
主催:ECO EDO 日本橋 実行委員会、名橋「日本橋」保存会
特別協賛:三井不動産株式会社
協賛:東京織物卸商業組合
特別協力:環境省
協力:日本橋北詰商店会、日本橋料理飲食業組合、久松料理飲食業組合、 日本橋地域ルネッサンス100年計画委員会、日本橋みゆき通り街づくり委員会、 東日本橋やげん堀商店会、日本橋六之部連合町会青年部日八会、日本橋三越本店、 日本橋 高島屋、コレド日本橋、コレド室町、YUITO、日本橋三井タワー、 三井記念美術館、マンダリン オリエンタル 東京
後援:中央区、中央区観光協会(いずれも予定)

<主催イベント>
■クールシェア日本橋 ~ゆかた・涼特典~
開催日:7月6日(金)~8月26日(日)
開催場所:日本橋周辺の飲食物販店・商業施設・文化施設
参加店舗数:107店舗(6月15日現在)
内容:浴衣着用もしくは団扇、扇子、日傘のいずれか一品を持参することで、日本橋の老舗や各商業施設の店舗などで特典が受けられます。 ※ご利用になられる場合はお店の方に上記アイテムを提示の上、「ゆかた・涼特典を見た」とお伝えください。
※参加店舗および、特典内容が変更となる場合がございます。予めご了承ください。

■橋の日 打ち水大作戦
開催日時:8月4日(土) 12:30~13:30
会場:日本橋滝の広場
※雨天の場合は日本橋三井タワー 1階アトリウム
内容:橋の日(8月4日)にちなみ、江戸の知恵“打ち水”を実施。
当日は浴衣姿の参加者が集まり、一斉に打ち水を行います。
また無料で浴衣の着付け・着直しが受けられる「ゆかたステーション」も当日限定で設置されます。
(ゆかたステーション:東京都中央区日本橋室町1丁目 6-2 162ビル6階)

■クールスポット両国広小路桟敷
開催日時:7月17日(火)~8月12日(日) 17:00~20:00
会場:東京都中央区東日本橋2丁目21番先(隅田川テラス上)
内容:江戸時代、多数の浮世絵にも描かれた「両国広小路」の賑わいを再現する桟敷を 昨年好評につき本年も実施。
7月17日(火)~26日(木)および8月10日(金)~12日(日)は貸桟敷として営業
【貸桟敷概要】:
利用料 20,000円/日(税込)
利用条件 1組(10人以上)/日
受付方法 下記事務局へ先着順で電話受付
受付開始 7月9日(月)11:00~
8月1日(水)~6日(月)は日本橋老舗の「鳥料理 玉ひで」、8月7日(火)~9日(木)(※延長の可能性あり)は「人形町今半 本店」が期間限定で出店。江戸時代の夕涼みを楽しみながら、老舗の味をご堪能いただけます。(概要未定)
問合せ:03-5225-3535(両国広小路桟敷 運営事務局、平日11:00~17:00)
店舗情報:「鳥料理 玉ひで」 http://www.tamahide.co.jp
東京都中央区日本橋人形町1-17-10 電話03-3668-7651
「人形町今半 本店」 http:// www.imahan.com/
東京都中央区日本橋人形町2-9-12 電話03-3666-7006

※ECO EDO 日本橋のイベント情報は、まち日本橋(http://www.nihonbashi-tokyo.jp/)にて都度、最新情報をお届けします。
この他にも日本橋地域では、さまざまなイベントが予定されています。
詳細については各主催者にお問い合わせください。

<連携イベント>
■第28回 七夕ゆかたまつり
開催日時:7月6日(金) 11:00~14:30
会場:堀留交差点 外与ビル前 東京都中央区日本橋堀留町1-10-12
主催:きものシティ東京実行委員会
内容:「ゆかたの日(7月7日)」にちなみ、恒例の“七夕ゆかたまつり”を開催。浴衣着用者は、バラエティに富んだ商品がもれなく当たる抽選会に参加できます。また「ゆかた姿フォトコンテスト」も8月31日(金)まで実施中。 ホームページ:http://www.tafs.or.jp
取材問合せ:03-3663-2104(きものシティ東京実行委員会:風見/新谷)

■ゆかたで歩こう 日本橋
開催日時:7月6日(金) 14:00~17:00
コース:日本橋三井タワーアトリウム~日本橋三越本店~日本橋~
日本橋 高島屋~日本橋 ※予定
主催:きものシティ東京実行委員会
内容:「東京きものの女王」や浴衣姿の参加者が日本橋の中央通
りを歩きながら、「日本の夏の涼」を演出します。
取材問合せ:03-3663-2104(きものシティ東京実行委員会:風見/新谷)

■にほんばし納涼ナイトクルーズ
開催日:7月12日(木) ※雨天決行
運航コース:日本橋船着場 → 隅田川吾妻橋 → 日本橋船着場
便数:
1便=17:30~18:50
2便=19:00~20:20
乗船料:1,500円(税込、船内販売有り、持ち込み不可)
予約受付:日本橋滝の広場 (7/5~6、7/11~12、11:30~13:30)
NPO法人水都東京を創る会 ホームページ
主催:NPO法人水都東京を創る会
内容:日本橋船着場から隅田川吾妻橋へ屋形船ナイトクルージング。
江戸からの伝統に息づく夏の納涼船をお楽しみいただけます。
ホームページ:http://suito.or.jp/
取材問合せ:03-5823-0441 (NPO法人水都東京を創る会:理事長 上林(かんばやし) tokyo@suito.or.jp)

■ゆかたで楽しむ 日本橋屋形船
開催日時:8月4日(土)10:45~15:00
開催場所:日本橋 船着場~日本橋川
主 催:芝居茶屋 新日屋(03-5652-5403 平日10:00~17:00)
協 力:‘浴衣でモエ・エ・シャンドン’
参 加 費:12,000円(税込、浴衣一式、お弁当、シャンパン付)
内 容:隅田川をゆったり遊覧できる屋形船イベント。 女性限定で浴衣一式および着付けサービスで華やかな雰囲気の中、いつもと異なる視点から東京を眺められます。日本橋老舗店の弁当およびモエ・エ・シャンドンのウエルカムシャンパン付き。モエの浴衣フォトスタジオで浴衣姿の記念撮影もできます。 取材問合せ:03-5652-5403(芝居茶屋 新日屋)

■マンダリン オリエンタル 東京で愉しむ、「日本橋納涼怪談」
開催日時:8月12日(日) 15:30開場 怪談(3階 グランド ボールルーム)16:00~17:00 ディナー(2階「ヴェンタリオ」)17:30~19:00
開催場所:マンダリン オリエンタル 東京
主催:マンダリン オリエンタル 東京、芝居茶屋 新日屋
入場料:自由席・鑑賞券のみ 6,000円(税込) 指定席・ディナーつき 9,500円(税・サービス料込)
内 容:人間国宝の講談師・一龍斎貞水師匠を招き、
伝統話芸とホテル独自の特殊演出効果による立体怪談。
予約受付:芝居茶屋 新日屋(03-5652-5403)またはイープラス(http://eplus.jp
取材問合せ:03-3270-8960(マンダリン オリエンタル 東京:早川/吉田)

■アートアクアリウム展 ~江戸・金魚の涼~
開催日時:8月17日(金)~9月24日(月) 11:00~23:30 ※最終入場、終了30分前 (19時以降は「ナイトアクアリウム」
または、特別イベント等の貸切営業の場合があります。)
開催場所:日本橋三井ホール (コレド室町5階)
主催:株式会社エイチアイディー・インターアクティカ
総合プロデュース:木村英智
入場料:当日料金…大人1,000円(税込)子供(中学生以下)600円(税込)※3歳以下は無料
内容:アートアクアリウム展(昼)/ナイトアクアリウム(夜)
*内容に一部変更がある場合がございます。
19時以降は会場内でドリンクをお買い求めいただけます。
1ドリンク500円(税込)から。
ホームページ:http://h-i-d.co.jp/art/
取材問合せ:TEL.03-4580-9103 FAX.03-4580-9129
Mail:y-egawa@prap.co.jp(株式会社プラップジャパン:江川)





企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング