お煎餅専業の米菓メーカーとして売上第一位の金吾堂製菓 ボリューミーな直径約12cm前後の「でかい煎(でかいせん)」を 2012年7月下旬より全国で新発売!

PR TIMES / 2012年7月17日 14時30分



=====================================================
お煎餅専業の米菓メーカーとして売上第一位※の金吾堂製菓
ボリューミーな直径約12cm前後の「でかい煎(でかいせん)」を
2012年7月下旬より全国で新発売!
=====================================================

「まじめに、おいしいもの作り」 をモットーとして、100%国産のうるち米を原料にお煎餅づくりを行っている株式会社金吾堂製菓(本社:東京都中野区、代表取締役:碓田 幸夫)は、新商品「でかい煎」を7月下旬より全国小売店で順次発売いたします。

金吾堂製菓は、「まじめに、おいしいもの作り」という経営方針を貫き今年創業62周年を迎える、お煎餅専業の米菓メーカーとしては国内売上第一位(※)の伝統ある会社です。
国産うるち米を主原料としており、生地の製造においては搗精(とうせい)済みのお米を入荷後、さらに軽く自社にて研磨して、お米のおいしい部分だけを使用しています。また、ベテランの職人が自社の釜で煮た秘伝の調味液を使用し、独自の焼き方で食べやすいかたさに仕上げ、お客様に極上のお煎餅をご提供できるよう日々品質向上にまい進しています。代表商品には40年の歴史を持つ「厚焼」や、ユニークなまんまるい形の「ふくれっこ」があります。

「でかい煎」は煎餅生地をぷくぷくと膨らませ、金吾堂製菓秘伝のまろやかな甘口醤油だれで味付けした、直径約12cm前後の特大お煎餅が8枚入ったお得な商品です。見た目はデコボコした膨らみのある武骨な生地ですが、食べてみると食感と味それぞれの変化を楽しめます。うすい部分はサクサクとした食感、厚みのある部分はパリパリとした食感です。そして醤油だれが染み込んでいる部分はしょっぱさを、それ以外の部分はお米が持つ本来の甘さを味わえます。パッケージに記載した「ぷくぷく山のさくさく食感」には、昔話のようなフレーズを用いることでご家族の皆様で食べてもらいたいという想いを込めました。

金吾堂製菓は、これからも皆様に満足していただける、旨さを追求したお煎餅をご提供したいという変わらぬ想いで今日も精進してまいります。

※全国米菓工業組合の定義によると、お煎餅とは、うるち米を主原料とした米菓のことで、もち米を原料としたあられ、おかき、揚げもちは含みません。

---------
製品概要
---------
■商品名 :でかい煎(でかいせん)
■内容量 :8枚(1袋112g)
■希望小売価格(税込):200円
■発売地域:全国
■商品特徴
・インパクト大の生地
1枚当たり直径約12cm前後の特大お煎餅には、ぷくぷくとした山のような膨らみがあり、食べ応え十分の内容。国産米100%使用した生地は、うすい部分はサクサクとした食感、厚みのある部分はパリパリとした食感となっておりメリハリを楽しむことができます。
・幅広い世代に人気の甘口醤油味
醤油だれが染み込んでいる部分はしょっぱさを、それ以外の部分は甘さを味わえ、味の変化をお楽しみいただけます。
■原材料名
うるち米(国産)、しょうゆ(大豆・小麦を含む)、砂糖、植物油脂、
食塩、増粘剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸等)、乳化剤

--------------------------
株式会社金吾堂製菓について
--------------------------
株式会社金吾堂製菓は、昭和25年に創業され今年62周年を迎えた
老舗のお煎餅屋です。「まじめに、おいしいもの作り」というコンセプトメッセージを貫き誠心誠意の事業経営を行い、お煎餅(※もち米を原料としたあられ、おかき、揚げもちは含まず) 専業の米菓メーカーとしては国内第一位の売上高、38億円の年商を誇ります。(2012年3月時点)

原材料のうま味を引き出す技術として、各商品の特性に合わせた独自の製法で素材を活かしたお煎餅を作っております。米菓メーカーとしては珍しい、全ての商品において国産米のみを原料としており、独自の水分管理や焼き方を開発し、お客様においしいお煎餅をご提供できるよう日々商品開発にまい進しています。

---------
会社概要
---------
会社名  :株式会社金吾堂製菓
代表者  :代表取締役 碓田 幸夫
所在地  :東京都中野区弥生町4-14-4
設立年月日:昭和25年8月15日(創業62周年)
資本金  :3,000万円
事業内容 :米菓製造
URL    :http://www.kingodo.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング