=2012夏、ヘアスタイルもクールビズに= 特許に基づいて構築したヘアカット技術‘フレンチカットグラン’ 長さを変えずボリューム減で涼しくエコなクールビズ・ヘアを提案

PR TIMES / 2012年7月30日 12時26分



NPOフレンチカットグラン講師会事務局(株式会社ファキモス・アサヒ内 本部:大阪府吹田市 代表:藤川博志 URL:http://www.frenchcutgran.com/ 一般向けfacebookページ: http://on.fb.me/OaLkZO)は、8月、9月共に平年より暑い(西日本および奄美・沖縄)もしくはやや高温が見込まれる(東日本)2012年夏のクールビズ・ヘアとして、特許に基づいて構築したカット技術‘フレンチカットグラン’で作る、髪の長さを変えずにボリュームを減らしたヘアスタイルを全国のフレンチカットグラン導入美容室、技術取得ヘアスタイリストを通じ、お客様に提案していきます。
 フレンチカットグランは、髪の長さを変えずに髪のボリュームを減らすことができるカット技術です。日本、米国、フランスの三カ国で特許を取得している「ヘヤカット法の発明」の理論に基づき構築されています。それ以前のカットでバラバラになった髪の密度をフレンチカットグランで一定にすることで、手入れがしやすく、カットの持ちが良く、サロンで創ったスタイルが自宅で簡単に再現しやすい髪に整えます。クールビズはこれまで、多くの企業・団体がシャツ、ボトムス等の着衣の提案を行っていますが、ヘアスタイルでの提案はほとんど行われてきませんでした。このフレンチカットグランのクールビズ・ヘアは、髪の長さを変えずにボリュームを減らすことで、髪の風通しを良くし、涼しく感じられるようにするもので、ロングをショートヘアにするというようにヘアスタイルを変える必要がありません。また、毛髪の量を減らすことでシャンプー・コンディショナーの使用量が減り、ドライヤーで乾かす時間も短くできるというエコ・節電効果も期待できます。
7月24日東京の日理株式会社で実施された体験会(下記写真)では、フレンチカットグランで髪の長さを変えずに、ボリュームを落とした、クールビズ・ヘアに変えたセミロングの女性は、「カット後、頭が軽くなり、以前より涼しく感じられる。」と答えました。この女性のカットした毛髪重量は32gで、結果、使用するシャンプー・コンディショナー量も減り、ドライヤーの時間も減りました。
NPOフレンチカットグラン講師会では、このフレンチカットグランでつくるヘアスタイルを多くの方にお試しいただくことで、8月、9月共に平年より暑い(西日本および奄美・沖縄)もしくはやや高温が見込まれる(東日本)*注1、2012年夏を健やかに過ごしていただけるよう願っています。
*注1 平成24年7月25日気象庁発表3か月予報より


********************************************
フレンチカットグランとは

多くの人が持つ、「髪の毛量が多い」「硬い」「クセ毛」*注2などの髪の悩みをパーマやトリートメントに頼らず、カットだけで解決する世界初のカット技術です。1995年に髪の「長さ」だけでなく、「厚みや幅」を考えた3次元カット法を理論化し、世界三カ国で「ヘヤカット法」の特許を取得した理論に基づき構築されました。
●アメリカ 1995年6月8日特許取得
●フランス 2001年10月26日特許取得
●日本   2005年1月7日特許取得

このカット技術は、特殊な梳バサミGR−4を使用することで、従来常識であった「髪の途中から梳く」のではなく、「髪の根元から梳く」ことで、髪の密度を一定化し、「カットしてもすぐにモッサリする」「毛先だけスカスカ」といった状態を改善し、「髪の毛量が多い」「硬い」「クセ毛」などの悩みを解決します。
「NPOフレンチカットグラン講師会」として2001年8月より、美容師対象のセミナーを開催し、全国での導入店、技術取得者の拡大のために活動しており、2012年秋のNPO法人登録に向け、準備を進めています。フレンチカットグランは全国の「フレンチカットグラン導入店」表示のある美容室でお試しいただけます。URL:http://www.frenchcutgran.com/

[参考資料]*注2 髪の悩みデータ(ティムスドライブ社調べ 2009  
http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/2009/091101/

髪の悩みランキング
(男女合計)

1位 クセ毛
2位 パサつき
3位 薄毛
4位 太い・硬い
5位 コシがない
6位 多毛

男女別に見ると、男性では薄毛が1位だが、女性は、クセ毛が1位(男性でも2位)。
太い・硬いは男女共に4位、多毛は男性で6位、女性で5位。



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング