「ブルガリ セーブ・ザ・チルドレン (Save The Children)」プロジェクト

PR TIMES / 2012年8月3日 17時39分



“教育”こそ人生を変えうる“生きる力”を授けるものとして、ブルガリでは2009年より世界的な国際援助団体(NGO)「セーブ・ザ・チルドレン」と連携し、世界の最も弱い立場にある子ども達に、より質の高い教育を受ける機会を提供しています。これまでにブルガリでは1,200万ユーロ(約12億円相当; 2012年6月時点)以上の寄附を募り、世界20カ国に及ぶ35万人以上の子ども達を支援してきました。又、同活動を通じて、東日本大震災の復興もサポートしています。セーブ・ザ・チルドレンとのパートナーシップを開始して以来3年となりますが、その絆はさらに深まっています。ブルガリではこれからもこの重要な支援活動を継続していきます。

また、オリンピックで盛り上がりをみせるロンドンでは、セーブ・ザ・チルドレンUKの新プログラム(Eat, Sleep, Learn, Play! ESLP!)の為に、ブルガリ ホテルズ & リゾーツ・ロンドンの開業に伴い英国入りしたブルガリ・グループ副会長のニコラ・ブルガリが、アン王女(HRH The Princess Royal)に謁見する機会を得て、£500,000 (約6千万円)の寄附を募ることを宣言すると共に、同宣言のスタートとしてチェックを届けました。

「ブルガリ セーブ・ザ・チルドレン」リング ¥48,300



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング