業界初!定額制社員研修サービス「イノベーションクラブ」受講者数100万人突破

PR TIMES / 2012年10月11日 10時41分



┏┓
┗■  業界初(※1)中堅・中小・ベンチャー企業向け定額制社員研修サービス
   「イノベーションクラブ」受講者数100万人突破
    120種類以上の研修が、1社「月額定額制」で、何回でも、何名でも受講可能
===============================================================================

トーマツ イノベーション株式会社
(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:白潟敏朗、以下「トーマツ イノベーション」)は
2006年、中堅・中小・ベンチャー企業を対象にした定額制社員研修サービス
「イノベーションクラブ」を人材教育・コンサルティング業界に投入しました。

業界初の革新的なサービス内容で着実に導入企業数を伸ばし、
業界に定額制社員研修サービス市場を創出しました。
その結果、現在では導入企業6,000社以上、累計受講者数は
遂に100万人を突破しました。

この「イノベーションクラブ」誕生の背景には、
中小企業の経営者が抱える人財育成への大きな課題がありました。
従来の社員研修の費用は、1人1回あたり30,000円~50,000円。
よって、大企業は人財育成を手厚く行える一方、
中堅・中小・ベンチャー企業にとっては、この高額なコストが大きな負担となるため、
人財育成に力を入れたくても二の足を踏んでしまうのが実情でした。

トーマツ イノベーションはこうした企業規模による教育格差の是正を図るために、
新しいサービスの開発に乗り出しました。
この開発にあたって、一つの示唆を与えてくれた考えが松下幸之助氏の「水道哲学」です。
この考えのように「水道の水と同様に、どこでも、だれでも受講できる安価で
高品質な研修サービス」を目指しました。

その後、業界の常識を覆す1社月額26,250円(税込み)から利用できる
業界初の定額制社員研修サービス「イノベーションクラブ」を世に送り出しました。
この定額制のメリットは全社員が何度でも、研修を受講できる点です。
やはり、研修を1回受けただけでは、社員はなかなか成長できません。
定額制だからこそ、費用を気にせず、継続的な社員育成が可能なのです。
その他、社員教育にかけるコストが「見える化」出来るところも定額制の
メリットの一つです。

「イノベーションクラブ」のセミナーの種類は120以上と豊富です。
社長から新入社員まで様々な階層や職種の方に対して、
経営計画・マネジメント・マーケティング・ビジネスマナーなど、
数多くのセミナーを用意しています。

そして、セミナーでは、一般的な研修にありがちな「いい話をきいた」という
漠然とした満足感だけでは終わらせないために、数々の工夫を凝らしています。
その一つが、当社独自の“経営ノウハウ”の紹介です。
この“経営ノウハウ”は「シンプルしかけ」と名付けられ、
簡単に実行でき、抜群の効果が出る、そして、楽に継続できることにこだわっています。
その数が3,000個以上に及んだ現在でも、
お客様の幅広い課題解決のために積極的に開発を続けています。 

また、セミナーには「グループワーク」を導入しています。
頭や手を動かし体験していただくことで、研修内容がより理解しやすくなるからです。
実際に、他社の受講者との意見交換を通じて新しい気づきや、刺激を受けている方も少なくありません。
他社の方と交流することでコミュニケーション力などヒューマンスキルの向上も期待できます。

このように「イノベーションクラブ」は、豊富なセミナーと様々な工夫によって、
中堅・中小・ベンチャー企業の社員個々の課題に応じた人財育成を実現しました。

現在、この効果を実感していただいているお客様企業は6,000社以上、
年間受講者数は25万人を超え、サービス開始から6年間で延べ100万人を突破しました。

今後も、定額制社員教育サービスの先駆者として、中堅・中小・ベンチャー企業のお客様のために、
「イノベーションクラブ」のセミナーの量と質の向上、入会後のより良いフォローを追求しながら、
3年以内に受講者数200万人を目指していきます。


(※1) 東京商工リサーチ調査に基づく


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング