睡眠不満足者の86%が、睡眠悩みを改善できない「睡眠難民」!!「睡眠難民」脱却のカギは、“深睡眠”~深睡眠には、就寝前の温めとリラックス~

PR TIMES / 2012年9月26日 15時21分



「血めぐり研究会 supported by Kao」では、「睡眠」と「血めぐり」の関係に着目し、2012年8月に全国の20~50代の男女800名に調査を行いました。
その結果、「睡眠に不満がある」439名のうち、86.4%が睡眠に対して「何らかの対策をしている(いた)」「対策方法がわからないので何もしていない」と回答していました。自身の睡眠に不満足で何らかの対策は行っているが改善できていない、あるいは対策方法がわからないので何もできていないという「睡眠難民」が多数いることがわかりました。また、睡眠に不満足であると回答している人は、「睡眠不足」や「寝ても疲れが取れない」といった項目で7割以上が「感じる」と答えており、睡眠の量も質も満足していない結果となっています。
この結果に対し、睡眠の専門家であるスリープクリニック調布院長 遠藤拓郎先生は、次のようにコメントしています。「現代人の多くは仕事でもプライベートでもストレスを抱えて生活しているため、不眠症まで深刻ではなくても、睡眠について何らかの悩みを抱いている方は年々増加傾向にあります。満足度の高い睡眠とは、スムーズな入眠、夜中に起きない、さらに、翌朝の起床時に『よく寝られた!』と感じられることですが、そのためには、“深睡眠(しんすいみん)”がカギとなります。睡眠難民から脱却し、簡単に“深睡眠”を得るためには、就寝前の“体温調節”が重要です。身体を温め、リラックスすることで血めぐりが良くなると、寝つきやすくなり、“深睡眠“が得られるようになります。」


■身体の「冷え」や日々の「ストレス」は、睡眠の質を低下させる

「冷え」や「ストレス」を感じている人の約7割が睡眠に不満。

今回の調査では、身体の「冷え」を感じている人の約7割が睡眠に「不満足である」と回答しており、睡眠に関して様々な悩みを抱えていることがわかりました。「冷え」の他にも「肩こり」など、血めぐり不良が原因の不調を抱える人の過半数が睡眠に対して「不満足」と回答しており、「血めぐり」が睡眠の質に影響をおよぼしていることが明らかになりました。また、日頃ストレスを感じている人の約7割が、睡眠に不満足であると回答しています。


この結果について、遠藤先生は次のようにコメントしています。「通常は、就寝前に体温が上がると、身体の表面、特に手足から放熱されて体温が下がり、眠くなります。つまり就寝前の体温調節が非常に重要なのですが、現代人は、冷えやストレスの影響で、血めぐりが悪くなり、就寝前の体温調整がうまくできない人が増えています。冷えを感じている人は、手足などの末梢血管の血めぐりが悪く、熱が運ばれにくいことが原因です。また、ストレスを感じている人は、交感神経が優位になり、血管が収縮するため、血めぐりが悪くなり、体温調節がうまくできません。良い睡眠には血めぐりが重要なのです。」

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング