3Dコンテンツ開発ツール「Unity」で産学協同プロジェクトの学生が作り上げたスマートフォン向けゲームアプリを東京ゲームショウに出展

PR TIMES / 2012年9月13日 11時50分



東京ネットウエイブ、3Dコンテンツ開発ツール「Unity」で産学協同プロジェクトの学生が作り上げたスマートフォン向けゲームアプリを東京ゲームショウに出展
http://www.tnw.ac.jp/employment/cooperative/index.html


専門学校東京ネットウエイブ(東京都渋谷区千駄ヶ谷)は、本年度より産学協同プロジェクトの一環でスマートフォンアプリ開発を得意とする株式会社ポケット・クエリーズ(さいたま市/代表取締役 佐々木宣彦)と3D開発環境である「Unity」を使ってスマートフォン向けゲームアプリを開発し、9月13日よりGoogle Playにて配信致します。
また、9月20日より幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2012へ出展します。


【Unity環境を導入した産学共同プロジェクト】
今回の産学協同プロジェクトは、スマートフォンアプリゲームを中心に多様なプラットフォームに対応した3Dゲーム開発環境であるUnityを採用し、Android用スマートフォン向けアプリゲームを開発しました。
スマートフォンの普及拡大に合わせ、スマートフォン向けゲームアプリ市場は急成長し、ゲーム・インターネット業界ではニーズに適応した即戦力の人材が求められています。ゲーム業界へ有能な人材を教育・輩出し続ける本校として、今年度の産学協同プロジェクトは企業のニーズと教育現場のマッチングをより強く意識し、企画して参りました。
特にUnityがゲーム業界で支持される「開発スピード」「高い拡張性」「長期に渡る開発実績」を体現すべく、企業の監修のもと、実稼働の累積開発工数を約2週間とし、企画立案段階でアジャイル開発の体制を意識した取組みを実現したことも特徴となります。
また、今回のプロジェクトは単なる学校と企業のコラボレーション授業の一環ではなく、実際のビジネスと同様にマーケットに流通させ、ユーザーの反響を得ることを重視し9/13(木)よりGoogle Playで配信します。

 本校は今年度の産学協同プロジェクトの成果を活かし、次年度以降もより時代のニーズに沿った職業教育をミッションとし、ゲーム・インターネット産業の急激なスピードに対応できるカリキュラムと環境設備を整え、業界で活躍できるクリエイターの輩出に力を入れていきます。


【Android向けアプリゲーム「Meteor Smasher“J”」の内容】
タイトル:Meteor Smasher“J”
配信プラットフォーム:Google Play
価格:当面はお試し期間として無料
ジャンル:頭突きアクション
対応OS:Android2.1以上

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング