中堅中小企業のビジネスコミュニケーションを支援するクラウドサービス「リコービジネスインターネットサービス」を発売

PR TIMES / 2012年11月12日 13時11分

リコージャパン株式会社 (社長執行役員:佐藤邦彦) は、中堅中小企業のビジネスコミュニケーションを支援するクラウドサービス「リコービジネスインターネットサービス」を2012 年11 月12 日に発売します。

サービス名 :リコービジネスインターネットサービス
標準価格※ :RBIS CUCM ベーシック の場合 初期料金 7,000円/ID、月額料金1,200円~
RBIS CUCM アドバンス の場合 初期料金 7,000円/ID、月額料金1,400円~
発売日 :2012年11月12日
サービス開始 : 2013年1月末予定
販売目標 :2,000社/3年間
※別途、閉域網(IP-VPN)、ボイスゲートウェイ、各種デバイス、導入・運用保守サービス料金が必要になります。



リコージャパンは、「クラウドドキュメントサービス」「クラウドコミュニケーションサービス」「ワンストップくらうどサービス」の3つの領域でクラウドビジネスに取り組んでいます。今回発売する「リコービジネスインターネットサービス」は、「クラウドコミュニケーションサービス」に位置付けられるもので、シスコシステムズ社との協業により実現したものです。PBX(構内交換機)機能やユニファイド コミュニケーションを実現するためのアプリケーションをクラウドサービスで提供し、閉域網(IP-VPN)やシスコシステムズ社製のボイスゲートウェイ/IP Phone、各社のスマートフォンやタブレット端末、さらに運用管理の支援サービスまでをワンストップで提供します。コミュニケーション環境の構築から運用管理までを専門の技術者が支援することで、IT 専任担当者の確保が難しい中堅中小企業でも、安心、安全にご活用いただけます。


「リコービジネスインターネットサービス」により、お客様は相手の状況を確認したうえで、内線/外線電話やメール、チャット*1、Web会議*2 など、最適なツールによるコミュニケーションが可能となります。必要な時に必要な人が一つの場につながり、場所と時間の壁を超えたコラボレーションを実現するほか、ビジネスチャンスを逃さない迅速な意思決定が行えます。


リコージャパンは、いつでも、どこでも、最適な方法でコミュニケーションできる環境を実現する「リコービジネスインターネットサービス」の提供により、中堅中小企業のお客様のワークスタイル変革を支援し、生産性の向上に貢献します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング