被災地初のトレーラーハウス宿泊村「El faro(エルファロ)」 2012年12月28日、ついに営業開始! 開村式で女将が涙の誓い「一日も早い復興に寄与する」

PR TIMES / 2012年12月28日 11時28分



 津波で旅館が全壊した4人の旅館オーナーによって2011年10月に設立された女川町宿泊村協同組合がトレーラーハウス宿泊村「El faro(エルファロ)」の開村式を2012年12月27日に行った。トレーラーハウスを宿泊施設として活用するのは被災地では初の試みだ。
 女川町は、宮城県北東部に位置し、人口約1万人の山と海に囲まれた水産加工業や生涯学習事業が盛んで知られる町だ。同町は、2011年3月11日の東日本大震災において、町の8割が壊滅的な被害を受け、人口の10%の尊い命が失われた。震災後、宿泊施設が不足していることで生じる、復旧・復興の非効率化の改善や、被災関係者がお盆もお正月も帰る場所がないという課題解決、また地域経済の活性化を目指し2011年10月に動きだした本件が、遂に2012年12月28日より営業を開始する。
 開村式には、女川町長、女川町商工会長、東北経済産業局、宮城復興局など県内外から約80名が集まった。津波で前オーナーであった両親と旅館を一度に亡くした同組合理事長は挨拶で、「震災発生の3月11日から1年9ヶ月、一時は明日のことも考えられず、今日をどう生きようか途方に暮れていました。今日12月27日、私たちや私たちを助けて下さった沢山の人たちの思いがぎゅっとつまったトレーラーハウス宿泊村が生まれました。エルファロとはスペイン語で灯台の意味です。皆さんが私たちを照らしてくださったように、これからは私たちが他の人たち、とりわけ被災地で苦しんでいる人たちを照らしていける存在になれればいいなと思っています。一日一歩、ゆっくりとではありますが、女川は着実に復興しています。私たちもやっと一歩を踏み出すことができます」と女川町、そして被災地全体の一日でも早い復興実現に寄与することを誓った。
 国や県、町、町の商工会、信用金庫など、多くの協力のもと実現したこの取り組みは年間約3億円、復興期間の2019年までに約20億円の経済効果を見込む。年末年始には、既に予約も入っている。また、有機・無添加食品の通信販売事業のオイシックス株式会社(東京都品川区 代表・高島宏平氏)が本施設の宿泊顧客に1つ24,000円相当のおせちを48室全てに寄付することが決定した。「年末年始に帰省する家族や親戚に、今年こそ本施設で普通のお正月を過ごしてもらいたい」という本組合の想いに共感した高島代表が、同社のおせちの売り上げの5%分のおせちを本施設へ寄付するというかたちで実現した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング