2012年のゴルファーは活性化傾向

PR TIMES / 2013年1月16日 19時56分

~6割以上が「プレー回数」「購入金額」の増加という結果 (GDO会員を対象にしたインターネット調査)~



インターネットでゴルフのワンストップ・サービス(見る・買う・行く・楽しむ)を
展開する株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン
(本社:東京都港区、代表取締役社長:石坂信也、以下GDO)は、
1月16日(水)、2012年のプレー回数、ゴルフ用品購入金額についての
ゴルファー意識調査アンケートを発表しました。
今回の調査は、2012年12月14日から18日の4日間、GDO会員の中から、
一部メールマガジン登録者(配信数:51.5万通)を対象に行いました。


【調査結果サマリー】
■2010年リーマンショックからの景気低迷、2011年震災の影響など、
レジャー機会や消費行動が落ち込んだ年(一部前年比プラスの商品カテゴリーも存在※)
と比較して、2012年のラウンド回数、ゴルフ用品購入金額は回復基調となっている。


1:2012年 ゴルフラウンド回数
→約66%のユーザーが、2011年よりもプレー回数が増えたと回答。

■2011年平均 20.7回

■2012年平均 23.6回

増えたと答えた人が66%弱、減ったと答えた人が33%と、プレー回数は増加の傾向が見られる。

2012年は月平均1.96回と、ほぼ月2回ペースという結果になった。

【GDO予約担当者の声】

GDOゴルフ場予約担当者の2012年の年間所感では、前年月比としてはほぼ横ばいだが、全体数は増加傾向。(図1参照)


2:2012年 ゴルフ用品購入金額

→約61%のユーザーが、2011年よりもゴルフ用品購入金額が増えたと回答。

■ 2011年平均 81,518円

■ 2012年平均 110,569円

増えたと答えた人が61%強、減ったと答えた人が34%強と、購入金額にも増加の傾向が見られる。

【GDOショップ担当者の声】

ジャンルによって単価の違いはあるが、全体としての購入金額は増加傾向。特に2012年はテーラーメイドのロケットボールズなど、ヒット商品による買い換え需要が目立った。(図2参照)


3: 2011年、2012年プレー回数分布

■年間41回以上と、月3.5回以上プレーするハードなゴルファーが顕著に増加。年間プレー回数16回以上のゴルファーが増加傾向にあり、年間平均も増加した。15回以下のプレー回数のゴルファーは減少した。(図3参照)


4: 2011年、2012年 ゴルフ用品購入金額分布

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング