冬場も盛んなキャンピングカー旅行

PR TIMES / 2013年2月4日 11時41分

冬から春先にかけてのキャンピングカー旅行の予定は「3~5回」。同行者は「夫婦2人」

当協会では、この冬から春先(11月~3月)にかけてキャンピングカーユーザーが予定している旅行の回数を調査しました。それによると、「3回」以上という回答がもっとも多く、このことからユーザーは冬場でも積極的に旅行を重ねていることが判明しました。また、一緒に旅行する人数を聞いたところ、「夫婦2人」という答が全体の半数を超えてトップになりました。



■ キャンピングカーユーザーは冬でも積極的に旅行に出向く

 当協会では、キャンピングカーユーザーに対し、「この冬から春先(11月~3月)にかけて、日帰りも含めたキャンピングカー旅行の予定があるかどうか?」を、回数を尋ねる形で調査しました。
 この調査は、昨年の11月20日から12月19日にかけて当協会のホームページに設けられたアンケートを通じて行われたもので、閲覧したユーザーから133票の回答が寄せられました。
 その結果、「3~5回」という回答が最も多く、33.8%(45票)を占めました。また、次に多かった答は「1~2回」で、40票を集め、全体の30.1%となりました。3番目は、「6回以上」(26.3%/35票)でした。

 「3~5回」(33.8%)と「6回以上」(26.3%)を合わせると、60.1%となり、このことからユーザーの過半数が、冬でも積極的にキャンピングカーを活用している様子が浮かび上がってきました。(図表1)
 特に、冬場においても「3~5回」と答えたユーザーが一番多かったということは注目に値します。
 昨年公表された 『キャンピングカー白書2012』 によると、キャンピングカーの年間利用回数では、「6~10回」という回答が一番目に上がっています。1年を通じたデータの場合は、キャンピングカーの稼働率の高い5月(GW)、8月(夏休み)、10月(秋の行楽シーズン)を含みます。
 しかし、それらの行楽シーズンを除いた11月~3月にかけてのわずか5ヵ月間で「3~5回」というのは、やはり断熱性、耐寒性に優れ、寒い季節でも快適な旅行を可能にするキャンピングカーの特質がそこに反映されているといえるでしょう。
 
 ちなみに、オートキャンプ協会が発行する『オートキャンプ白書2012』によると、テントキャンプを楽しむ人々が活動する季節はその大半が5月から10月までとなっています。特にGWの始まる4月から7月~8月の夏休みシーズン、10月の行楽シーズンにおいてのキャンプ場来場者はみな2ケタのパーセンテージを記録しますが、11月から3月にかけてはすべて1ケタにとどまります。
 このことからも、キャンピングカーユーザーは冬から春にかけての寒い時期でも積極的に旅行を楽しんでいる様子が伝わってきます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング