ウズベキスタン文化・芸術フォーラム基金 オンライン報告会議2012

PR TIMES / 2013年1月29日 16時50分

日本、ロシア、中国、イタリア、ドイツ、アラブ首長国連邦、
イギリス、アメリカ カザフスタン、ウズベキスタンなど、
約50のマスコミ関係団体が参加
2012年12月20日



 一般財団法人ウズベキスタン文化・芸術フォーラム基金では、2012年12月20日にウズベキスタン共和国にて行われたウズベキスタン文化・芸術フォーラム基金(FUND FORUM UZ./以降FFU)の2012年度活動概要発表会(オンラインカンファレンス)へ現地参加し、FFUの代表であるグリナラ・カリモワ女史をはじめとする主要メンバーのプレゼンテーションを取材した。当日は日本を含む10カ国以上、50メディアにも及ぶ取材陣が現地に集合し、その注目の高さを伺わせた。

 FFUは、ウズベキスタン共和国大統領の長女にあたるグリナラ・カリモワ女史のイニシアチブで2004年に設立された独立した社会団体である。ハーバード大学を卒業したグリナラ・カリモワ女史は、外交官、プロのデザイナー、詩人、ミュージシャンとして活躍する豊かな芸術的才能を持ちウズベキスタン国民から絶大な人気を誇っている。

 ここでまず,FFUの活動の目的を2つ紹介する。一つは、文化・芸術の発展、伝統工芸や建築などの豊かな伝統の保護、ウズベキスタンの才能ある若者の支援である。もう一つは、世界の主要都市にあるフォーラム基金の駐在事務所の機能の活用と共同事業の実施によって、海外の国々との国際交流を図ることである。
 更には、上記の分野に限らず、学術、教育、スポーツ、健康、助成金や支援物資の供与や社会保護などの推進や向上においても幅広く活動している。

 FFUの日本との協力は活発である。現在までに、政府の機関と効果的に協力をしている権威ある社会団体や教育機関などを含む日本のパートナーとフォーラム基金との互いの尽力により、多くの分野で共同事業が成功裏に実施されてきた。特に、国際協力機構(JICA)、国際交流基金(Japan Foundation)、日本貿易振興機構(JETRO)、平山郁夫シルクロード美術館、一流大学、その他多くの日本の団体とは、実り多き協力が進められている。日本は、ウズベキスタン文化・芸術フォーラム基金の駐在事務所がいち早く法人格を取得した国の一つである。
(より詳しい活動情報はhttp://www.uzf.or.jp/を参照。)
 
 旧ソ連諸国には、まだ、FFUのような大きな社会団体は存在していない。そのFFUが主催となって、ウズベキスタンの首都タシケントの青年創造会館において、FFUの2012年の活動を総括するオンライン会議・記者会見が開催された。日本からの訪問団は、FFUの後見人理事長であるグリナラ・カリモワ女史やウズベキスタンの著名な社会活動家などが出席する重要な行事に参加する機会を得た。多数の海外のマスコミ関係者や 様々な分野の功労者が参加したということは、ウズベキスタン国内外におけるフォーラム基金の活動への関心が高いことを示している。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング