gooリサーチ/ループス共同調査 「企業のソーシャルメディア活用想起」に関する調査結果

PR TIMES / 2013年1月30日 11時52分

ソーシャルメディア全体では「ローソン」、Facebookで「スターバックス」、Twitterで「NHK」、LINEは「KFC」が多く想起された

 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:塚本良江)と、株式会社ループス・コミュニケーションズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:斉藤 徹)は、ソーシャルメディアを週1回以上利用している方を対象に、「Facebook」「mixi」「Twitter」「LINE」「その他ソーシャルメディア」の5つの括りで、各ソーシャルメディアごとに魅力・好感・評価できると感じた企業やブランド・キャラクターを調査しました。
 調査全体では「ローソン」「NHK」の合計想起数が多い結果となりましたが、利用するソーシャルメディアによって回答傾向は大きく異なりました。企業は各ソーシャルメディアの特性を見極めつつ活用することで、より多くの魅力や好感・評価を高められる可能性があることが判明しました。

調査結果詳細: http://research.goo.ne.jp/database/data/001518/index.html




■調査の背景と目的

ソーシャルメディアの利用が一般消費者の中でより普及し、企業がソーシャルメディアを活用するケースが増えました。同時に、どのソーシャルメディアを活用するかによって、ユーザーが抱くイメージも異なることが想定されます。どのような企業・ブランド・キャラクター等を思いうかべることが多いのか、一般消費者の意識やソーシャルメディア別のイメージを把握することを目的に本調査を実施致しました。

■調査概要

1. 調査対象: 「gooリサーチ」(※)登録モニター
2. 調査方法: 非公開型インターネットアンケート
3. 調査期間: 2012年12月3日(月)~2012年12月17日(月)
4. 有効回答者数: 1,023名
5. 回答者の属性:


【男性】18歳未満 4.8%、18~19歳 9.6%、20~24歳 6.5%、25~29歳 10.5%、
    30~34歳 3.6%、35~39歳 5.5%、40~44歳 3.0%、45~49歳 1.9%、
    50~54歳 1.6%、55歳以上 2.9%

【女性】18歳未満 5.2%、18~19歳 11.0%、20~24歳 6.0%、25~29歳 11.0%、
    30~34歳 4.0%、35~39歳  4.9%、40~44歳 2.2%、45~49歳 1.8%、
    50~54歳 1.6%、55歳以上  2.5%

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング